205. 魔方陣スーパーカーミュージアム訪問記2

関東地方梅雨明けしました!

暑い、いきなり暑い!暑さ苦手なのでつらい~(T_T)

魔方陣の訪問記続きです。

ちなみに当日はCR-Xに3人乗りでいきました。もちろんチャイルドシート、ジュニアシートもつけてです。安全第一ですから。

CR-Xのリア席なんて一生使うことはないと思っていましたが、ここに来て大活躍です。1マイルシートも3歳児ならOK、十分お出かけに使えます。

最近は下の子もホンダエンジンの素晴らしさがわかってきたようで、CR-Xに乗るときは「ぶーんして」(高回転までまわして)と催促します。

君が大人になるころには、高回転NAは絶滅しているかもしれないので、この素晴らしさをぜひ記憶しておいてほしいものだ。

さて、その他の車もマニアックに紹介。

P1120406_R.jpg
存在自体が超マニアックなジャガーXJR-15。凄すぎでしょう、こんな車が置いてあるなんて。ちなみにこの日はもう一つのマニアックスーパーカーのブガッティEB110はいませんでした。

何台かずつローテーションしてるみたいなんですよね。

P1120459_R.jpg
これも宇宙船ですわ。戦闘機といった方がいいかも。ドアの厚さ!

P1120407_R.jpg
なんか、室内にヘッドホン見えますけど・・・これって、ヘリコプターの乗員とかが会話用につけてるやつ?

本当に公道を走れる車なんでしょうか??

P1120418_R.jpg
これまた、レアなBMW M1。こいつのせいで1シリーズには正式なMバージョンが出ないんでしょうか。

豚鼻がなければ完全にランボルギーニですね。

P1120455_R.jpg
リアクォーターの三角窓(?)。開けたら盛大にエンジン音が入ってきそうです。狙い??

P1120426_R.jpg
うわっ、このホイルデザインはどうなんでしょう??昔の車にありがちな自由すぎるデザイン。

これもジウジアーロデザインなのでしょうか。

P1120510_R.jpg
またまた超レアなマセラティ・ミストラル。グリルの中のエンブレムが凝ってます。

ナンバーを見てもらうとわかるように、ここの車は基本的に全て白ナンがついてるんですよね。

つまり、走行可能ということ。ほんと、素晴らしいです。

P1120460_R.jpg
タイヤ後ろの何かのメンテリッドですかね、デザインされてます。

P1120505_R.jpg
スーパーカー世代でマセラティと言えば、なんといってもメラクとボーラ。両者の違いが良くわかるショット。

マセラティも存在感のあるメーカーとしてしっかり生き残ってますよね。素晴らしいことです。

P1120446_R.jpg
512BBはいつもはリアセクションが不完全なまま展示されていたのですが、今回は完成されてました。

サイドウィンド後ろのスリットは何ですかね、空気循環用でしょうか。

P1120488_R.jpg
この黒いウィングみたいなパーツも気になります。あまりダウンフォース発生しそうにないし。

デザインか、剛性か・・・

P1120437_R.jpg
デイトナの排気口。迫力あります。

P1120436_R.jpg
美しさではNo.1かも・・・のディーノです。

P1120451_R.jpg
車体下部がきゅっと内側に折れ曲がっていて、とても引き締まって見えます。

P1120500_R.jpg
リトラなのに、無防備に露出したデイトナのライト。この状態でライトつけられるんでしょうか。

P1120481_R.jpg
これまた激レアすぎるランボルギーニ350GT。なんとなく奇妙なバランスの悪さを感じるのはリアウィンドの位置が上すぎるからかなあ。

P1120504_R.jpg
これもレアと言えばレアです。ケーニッヒ・ポルシェ。911の一番美しいところを台無しにしているような気も・・・

P1120433_R.jpg
うほー、このリアホイルのオフセット。完全にマイナスですね。トレッド増加分はすべてホイルで調整したんでしょうか、もの凄いです。

ホイルのバランスウェイトが見えるけど、あれは内側扱い?外側??

P1120474_R.jpg
なんとも凄い装飾だらけのコルベット。2代目かな。内装も凄いです。アメリカとヨーロッパの価値観の違いを感じる1台ですね。

今やコルベットもほとんどフェラーリと化してますが・・・

P1120495_R.jpg
このミュージアムの中ではかなりよく見る車の部類のロータスの2台。どちらとおオンリーワンの素晴らしい車です。

P1120473_R.jpg
イギリス国民のヒーロー、ジャガーEタイプです。タイヤがものすごく車体の内側にあってこの角度では見えません。

P1120449_R.jpg
最後はどのイベント、ミュージアムでも必ずお目にかかる2000GT。しかし、良いものは何回見ても良い!

どうです、この複雑なライン。後ろに行くにしたがって徐々に消えていくセンターの折れ線。ヒンジさえデザインされたボンネット。やすらぎのおむすび型ライト。存在感のありフォグ。緩やかに盛り上がるフェンダーのライン。ふう・・・

P1120478_R.jpg
リアもすばらしい。サイドウィンドウの形、リアフェンダーから車体後ろへのライン、完璧ですね。

似てると言われるデイトナやEタイプと比べても負けてません。いやむしろ勝ってる。

ホイルはマグネシウムの鋳造なんですよね。昔CR-Xにもオプションであったような。

マグネシウムと言うとどうしてもよく燃えるマグネシウムリボンのイメージがあって、ちょっと怖いです(^^;)

2000GT以外にも日本の名車がたくさんありますし、今回展示してなかったけど、ブガッティEB110、ランチャデルタ、ポルシェ928S、ミウラもう1台あります。ずっと続いて欲しい!

まさに栃木が日本に誇る名所です!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR