173. 今見たいランボルギーニ BEST10 (Top Gear 12-1)

長男に遅れること2週間、次男も水疱瘡にかかりました!長男以上にぶつぶつだらけです。なので今週末もお出掛けなしです。横浜のノスタルジック2デイズに行きたかったなあ・・・なんて。

あと、パソコンがあちこち壊れて不便になってきたので、思い切ってWindows8搭載のパソコンに替えました!

なんじゃ~これ、使いづらいにもほどがある!そのうち慣れるのだろうか?
というわけで、まだ古いパソコンをだましだまし使ってます。はじめてiPadを触ったときのようなワクワク感がちっともないなあ。たぶん後からじわっと良さがわかるんでしょう。

さてと、今回はTop Gear 12-1です。911GT2 vs ガヤルドLP560-4です。

なんとも凄い2台の対決ですが同じグループなんですよね。個性を失わずに存続してほしいです。

この1年でランボルギーニはかなりの台数を見ることができて、有名どころはほとんど息子とみることができました。しかし、世の中にはまだ見ぬランボルギーニがあります。そこで、今見たいランボルギーニBEST10を考えてみました。珍しく1位から紹介です。

第1位 レヴェントン
01_レヴェントン130215_R
アヴェンタドールにつながる素晴らしいデザインも魅力ですが、なんといってもその希少性!日本には1台輸入されているらしいです(by Wiki)。この車でフェラーリとは別の独自の世界を完成させたような気がします。これとかアヴェンタドールを見ていると、本当にランボルギーニというメーカーが存在し続けているここに感謝したくなります。このパネルの継ぎ目のラインの芸術的なこと!見たい~!

第2位 アヴェンタドールJ
02_アヴェンタドールJ_130222_R
コンセプトカーだし、ロードスターも発売されたのでまず見ることはできない車ですが、それにしてもカッコイイ。薄い度合いが凄まじいです。現代版マッハ号です。切れ味鋭すぎ。

第3位 セスト・エレメント
03_2010-lamborghini-sesto-elemento-concept-_R.jpg
これもコンセプトカーです。市販されないと思いますが。なんと車重が1tを切るV10-4WDです。私のCR-Xとほぼ同じです。ひえ~。恐ろしい速さと想像されますが、デザイン的には少しバランスが悪い気も。ライトウェイトスポーツなのか。

第4位 エストーケ
04_エストーケ130222_R
フロントエンジン4Drのコンセプトカー。最近のランボを見た後では少し面の構成が単調に感じます。アストンマーチン・ラピードの方がいいかなあ。

04_エストーケ130222b_R
真横のプロポーションはなかなか。ボンネットも低く、タイヤの位置もいい感じです。次期Audi-A8と兄弟車なんて言われてますが、個人的にはランボなんだから4枚ガルウイングで、エンジンも後ろに置いて欲しい。しかしランボルギーニは全て車名がカッコイイですね。

第5位 イオタ(?)
05_miura_svj_130222_R.jpg
一気に古くなりますが、スーパーカー少年憧れのイオタです!といっても本物はありませんので、レプリカになると思いますが。ミウラに比べてカッコイイかというと微妙な気もするんですが、写真の1台はかなり完成度が高いと思います。よくあるチンスポがないからかな。本当に美しいなあ。

第6位 ウルス
06_ウルス130222_R
ランボルギーニにはこの分野に進出してほしくない気がするんですが、LM002という先例もあるので当然の流れではあるのかな。なかなかのランボ度合いですが、これもどうせならもっと車体を薄く、宇宙船が空に浮かんでるような感じにして欲しいな。ポルシェ・カイエンのように街に溢れるようになったりして。

第7位 アヴェンタドール・ロードスター
07_アヴェンタドールロードスター_R
これはそのうち見れるんじゃないでしょうか。さすがにコンセプトカーそのままでは登場しませんでしたが、かなりデザイン完成度が高いと思います。私はオープンカーは大好きですが、もともとオープン専用として設計された車の方が好きです。クローズもオープンもあるというモデルでは大抵クローズの方がデザイン的にまとまってるので、オープンの方の満足度が下がってしまうからです。でもこのアヴェンタドールの場合、オープンモデルでもより面の複雑さに磨きがかかっていて非常にいいです。まあ、恥ずかしくて運転できませんけどね。

第8位 ハラマ
08_ハラマ130215_R
ここからは、単に見たことがないという意味でのラインナップです。ものすごい眠い目つきですね。スーパーカーブーム時もほとんど注目されていなかった車です。ランボルギーニでもかっこ悪い名前の車もあるもので、これとかこの後に出てくるくるまとか・・・すみません。

第9位 ジャルパ
09_ジャルパ130215_R
シルエットとの区別がなんとも難しい一台。ランボにしてはかなり地味。

第10位 シルエット
10_シルエット130215_R
この辺もスーパーカーブーム時代にほとんどノーマークだったので、逆に今じっくりと見てみたい。

小排気量ターボなんて道に進まずに、世の中の車好きが憧れる頂点の車であり続けて欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR