FC2ブログ

388. CR-Xの次?

2018年も終わりですね。気がついたら12月は毎週土曜にブログ更新していたので、大したネタもありませんがUPします。

181202-120335_R.jpg
私はお気に入りの車の隣にCR-Xを駐めるのが大好き。CR-Xの次は何にしようと考え続けてはや10数年。筆頭候補はこのスポーツ・シビックEG6です。スタイルは最高、エンジンもB16で最高、実用性も4シーターで十分と文句のつけようがない理想の車です。

しかしEG6もデビューは1991年、CR-Xと大して変わりません。もう車も部品もなさそう。程度が良い車があったとしても、この手の車は値上がりが凄いですし・・・ホントにカッコイイです。フェラーリ・FFはこのシビックの影響を受けたのではないかと思っているくらいです。

DSC_2104_R.jpg
次の候補はこちらのシビック・タイプRユーロ。こいつのエンジンもかなり気持ちいい。デザインもかなり好みです。フィットベースで車高もまあまあ高いのですが、上手にまとめていると思います。5ドアのタイプRがあればなお良かったのですが・・・

フィット譲りのシートアレンジもあり、実用性も文句なし。マイナスポイントは、リアサスがトーションビームなこと。もちろん性能的には問題ないのだと思います。トーションビームでも素晴らしい車はたくさんありますし。そういえば新しいMAZDA3がマルチリンクからトーションビームに変えてきましたね。私はちょっとスペックマニア的なところがあるので、やはりマルチリンク(orダブルウィッシュボーン)がいいなあ。我が家のJADEもリアはマルチリンク。上級のオデッセイがトーションビームなのに!

でもこのシビックも中古価格が高いんですよね・・・

この他にもCR-Xデルソルも候補なのですが、これまたすでに立派な旧車。玉もないし、2シーターというのがきつい。息子二人と出かけることがまだまだ多いので、最低3人は乗れないと。同じ理由でS2000も厳しい。

おまけ。
181111-122934_R.jpg
もてぎのGT選手権で見たCR-X。学生の頃はCR-X買うなら白がいいなとずっと思ってたんですよね。今は黒が好きなんですが。

結局欲しい車は古い車ばかり・・・

DSC_2117_R.jpg
現行車で魅力的なのはシビック。これは4ドアセダンですが、ハッチバックに見えますね。私のかつての愛車マツダ・ランティスを彷彿とさせるボディライン。個人的な好みとして4ドアのサイドウィンドウ形状で5ドアの全長の短さだとさらによいかも。

1.5Lターボは173psとなかなかの性能ですが、今やシビックも巨大なサイズ(となりのCR-Xと比べると凄い!)、車重は1,300kgです。パワーウェイトレシオは7.5kg/ps。CR-Xは6.25kg/psなので、もう少し欲しい。実はアメリカにはなつかしのSiグレードがあり、そちらは同じ1.5Lターボながら205psなんですよね。これだと6.34kg/psとなかなか。タイプRは私にはちょっと過激すぎるので、やはりSiくらいがいいなあ。

それでは良いお年を!
スポンサーサイト



387. ミュンヘン訪問記

11月の末に仕事でドイツ・ミュンヘンに行ってきました。弾丸出張だったので、博物館系のネタはないです(^_^;
ただの日記です。

181128-025124_R.jpg
クリスマスシーズンなので、クリスマスマーケットだらけです。これはマリエン広場。マーケット覗いてみましたが、食べ物とクリスマスツリー用の飾りがほとんどですね。息子のために飛行機とSLの可愛らしい飾りを買いましたが、2コで20ユーロとなかなかのお値段・・・

181128-025152_R.jpg
見ているだけで楽しいですが、いかんせん寒い! ホットワインを飲むのがお決まりだそうです。私は苦手なモノで・・・

181130-183113_R.jpg
朝の様子。朝も寒い。

181128-025942_R.jpg
行ったレストランその1。有名なホフブロイハウス。毎回来てます。

181128-030717_R.jpg
今回は予約して行ったのですが、ごちゃごちゃした1階とは違う雰囲気の3階に通されました。静かそうに見えますが、置くの合奏団の音量が凄まじくそこに近い席ではとても会話できません。場所を変えてもらって手前側の席にしてもらいました。皆がドイツビールを楽しむ中、お酒に弱い私はいつものようにラドラー(ビール+レモネード)。やはり美味しい。

181129-044406_R.jpg
レストランその2。Augusinerビアホール。こちらも典型的なドイツビアホール。

181129-050135_R.jpg
ザ・ドイツ料理という感じの肉の塊。素朴な味付けがすぐ飽きます・・・(^_^; お供えのお芋のお団子(?)もかなりもったり系でつらい。

181130-033514_R.jpg
その3。たまにはドイツ料理以外もということで、Nero Pizza & Grill Münchenという地元の人お勧めのイタリア料理店へ。

181130-035402_R.jpg
いや~、びっくりするほど美味しかったです。ピザはもちろん、このステーキも絶品でした。ただしラドラーはイマイチ。私にとってはビール比率が高すぎ。

181128-152943_R.jpg
でも一番美味しいのはやはりホテルの朝食です。カリカリのベーコン、プレッツェルはじめパンはどれも美味しい、もちろんコーヒーも。

181130-173037_R.jpg
以降小ネタです。ドイツと言えば文房具(なのかな?)。私も息子も文房具好きということで、文房具専門デパートのKAUT-BULLINGERへ。

181130-174603_R.jpg
日本のように新製品がたくさんというわけではありませんが、ドイツの歴史ある(たぶん)文房具がたくさんあって楽しいです。とはいえ、ほとんどが日本でも購入可能かつ日本の方が安いのでは?くらいの値段です(^_^; いくつか気に入ったものがあったので、お土産で買って帰りました。

181130-171505_R.jpg
大型化するヨーロッパ車の中で見ると一際小さく可愛いFIAT500。

181130-015437_R.jpg
デパートの中で見たレゴSL。

181130-015640_R.jpg
これは凄い。ブガッティ・シロンのレゴ。これだけ大きいと曲線も表現できますね。

181130-015652_R.jpg
後ろ姿。シロンの本物はまだ見たことがないです。見たい車の筆頭です。

181130-025935_R.jpg
駅での光景。何か黒くて大きいモノが落ちてるなと思ったら犬でした。犬や自転車も自由に電車に乗れて便利ですよね。

以上です!

386. あいち航空ミュージアム

またまた名古屋ネタです。

次男の零戦ブーム到来によりとーちゃんの第2次大戦戦闘機に対する興味も増してきました!
まさに息子の趣味につきあうとーちゃんです。

というわけで県営名古屋空港に併設されているあいち航空ミュージアムに行ってきました。

181110-125721_R.jpg
展示物の目玉の1つ、YS-11です。戦後初めて日本の航空機メーカーが作った旅客機です。なんと、零戦、隼、紫電改、飛燕の設計者が関わっているという凄い航空機です。豪華過ぎです。

181110-130023_R.jpg
この博物館は模型も非常に充実してます。日本の重要な航空機百選という模型展示が非常に見応えがあります。通称”赤トンボ”の練習機。嫁さんのお父さんが戦時中に郡山で良く見たそうです。河口湖の博物館に本物の展示もあります。

181110-130143_R.jpg
96式艦上戦闘機。日本が初めて世界のレベルに追いついたと言われる戦闘機です。零戦で有名な堀越二郎さんが設計。これの試作機の九試単座戦闘機が風立ちぬに出てきましたね。そちらの模型もあるとなお良かった・・・

181110-130626_R.jpg
とーちゃんが好きな飛燕。ドイツっぽい。次男はきらい・・・これも本物が岐阜の博物館にあるんですよね。いつか見に行きたい。

181110-130832_R.jpg
日本初のジェット機”橘花”。メッサーシュミットMe262Aに似てますが、あっちの方がカッコイイかな。

181110-130843_R.jpg
日本初、更には日本唯一のロケット戦闘機"秋水"。メッサーシュミットMe163を参考に作られました。しかし、戦争末期に大した資料もない状態でこれを作り上げるとは・・・凄いです。戦争末期の機体はどれも特攻を考慮したものばかりなので、開発ストーリー等を読むととても悲しいです。

181110-131255_R.jpg
パネル展示も非常に見応えがあります。飛行機好きならかなり楽しめます。

181110-131642_R.jpg
ここは三菱重工業のおひざもとなのでMRJ関連展示も多いです。MRJミュージアムというのもあり、ここで申し込めば行けるのですが、当日は時間の関係もあり行けませんでした。日本の航空機に関してはかなり詳細に模型やパネル展示があるのですが、ホンダジェットに関しては一言も記述がありませんでした(^_^;

181110-134641_R.jpg
そして、この博物館のメイン、そして来館の目的もこれ、零戦です。

181110-135030_R.jpg
美しいです。こんなに大きいのに現代の車1台とほぼ同じ重量!ちなみにこれは後期型の52型。息子が好きなのは初期型の21型。そちらの方が軽く空戦に強いからだそうです。軽いから運動性能に優れるって・・・やっぱり惹かれちゃいますね。

181110-135205_R.jpg
人もそれほど多くないのでじっくり観察できます。

展示物はYS11と零戦以外は地味ですが、パネルや模型、おみやげも充実しているので、お勧めの博物館です。もう一回家族と来たいです。

385. MAG 三菱オートギャラリー訪問

自動車メーカー直営博物館訪問シリーズ、今回は三菱自動車です。

181108-102722_R.jpg
名古屋・関西方面への出張の際は必ず富士山が見える新幹線の席を予約します。毎回興奮します!

181109-145323_R.jpg
三菱岡崎工場の敷地内にあります。この手の博物館の常で、アクセスがあまりよくありません。最寄り駅からタクシーを使ったらかなりの額になしました(T_T)。ちなみに帰りは歩きました・・・

181109-154948_R.jpg
さすが三菱、充電スタンドがたくさんあります。

181109-145827_R.jpg
1959年当時の設計用具。魂こもってる感じがしますねえ。

181109-145957_R.jpg
ミニカ・スキッパーⅣ。360ccで32psとなかなかの高性能。ギャランGTO感が素晴らしいです。調べたら32psは後期型4ストロークOHCの値、前期は2ストで38psでした!ちなみに後輪駆動ですよ。

181109-145856_R.jpg
おおっ! こ、これは・・・CR-Xでいうところのエクストラウィンドウ。この車ではスクープド・ウィンドウと呼ぶとのこと。日本初だそうです。これがご先祖様だったのですね。ありがたや~

181109-145907_R.jpg
感動したのでもう1枚。まさにエクストラなウィンドウですね。バック時に超ギリギリまで詰められるんですよね。

181109-150036_R.jpg
コルト1000F 3ドア スポーツ。日本初のファーストバック・ハッチバックセダンだそうです。ちょっと定義がわかりずらい・・・
外板のラインがやけにシャープですね。

181109-150055_R.jpg
これも最初2スト、途中で4ストの車です。後ろ姿が日本車離れしてます。

181109-150223_R.jpg
三菱・500。三菱初のオリジナル乗用車。かわいらしいデザインのRR車です。三菱らしく早くもラリーで活躍してます。

181109-150248_R.jpg
PX55。なんと日本初のフルタイム4WD車。三菱は日本初が多いですね。この展示車はパジェロをベースに作ったレプリカ。

181109-150330_R.jpg
更に時代が遡って1917年製の三菱A型。展示車は復元車。三菱は日本で最も古く、最も新しい自動車会社らしいです。日本で最初に自動車を作ったのが三菱だけど、自動車会社として三菱重工業から独立したのは1970年と新しい。

181109-151040_R.jpg
ご存じダックテールのGTO。ストライプもアメリカンですね。三菱初のDOHC。最近の車はDOHCなのかなんなのかもよくわからないですね。

181109-151028_R.jpg
後の国産車に影響を与えたと言われるダッシュボード。メーターが多く、男らしいです。

181109-151056_R.jpg
おお~なつかしい、ミラージュです。フランス車度満点ですね。この頃の三菱は先進的なイメージだったな・・・

181109-151201_R.jpg
クリーンなデザインです。

181109-151224_R.jpg
巨大なクォーターガラスは開きますね。シール構造が丸見えでちょっとカッコ悪い。

181109-151307_R.jpg
子供の頃大好きだったギャランΛ(ラムダ)。スタイルもネーミングも未来っぽい。日本初の角目4灯だそうです。へえ。

181109-151349_R.jpg
ステアリングのアームが一本です。内装ゴージャスですね。

181109-151254_R.jpg
ラムダと言えばこのリアガラスですね。強烈です。

181109-151443_R.jpg
ぐっと現代になってランエボ。Ⅵのトミーマキネンエディション。ランエボもだんだん見なくなってきましたね・・・

181109-151557_R.jpg
ランサー1600GSRラリー。サファリラリーに2度優勝してます。

181109-151621_R.jpg
ランタボ。硬派な車ってイメージあります。

181109-151708_R.jpg
いろいろな賞の盾やトロフィー。エクリプスクロスは2018年RJCカーオブザイヤーを取りましたね。しかし、名前が呼びにくい・・・

181109-152154_R.jpg
この三菱オートギャラシー、略してMAGは、無料ですが事前予約が必要です。喫茶コーナーで飲み物一杯サービスしてくれます。

181109-154545_R.jpg
下敷きとパンフレット。なかなか読み応えあります。

展示台数はそれほど多くないものの、他では見ることができない車がたくさんあり楽しめました。展示車はときどき変わるようですね。過去にはスタリオンのラリー仕様も展示したことがあるようです。それが見たい・・・

384. 東浦町産業まつり クラシックカー展示 日本最小規模イベントか!?

東浦町の産業まつりのイベントの1つ、クラシックカーと愛車展示会に行ってきました。

たまたま11/10に名古屋付近にいたので、めざとく見つけて電車で行きました。

181110-103625_R.jpg
栃木県民の私にとっては東浦町??どこ?っていう感じですが、名古屋の南20kmくらいにあるのどかな街です。駅も良い感じ。この日は非常にさわやかな気候で気持ちよかったな。

181110-104839_R.jpg
まずは入り口でボルボ・P1800がお出迎え。この後のカクカクデザイン時代を超えて、最近はまたグッドスタイリングなメーカーになってきましたね。

181110-105047_R.jpg
なつかしいです。FFジェミニ。後期型の顔が怖い方(?)です。ここまでのいすゞは良かった・・・

181110-105151_R.jpg
またまたいすゞの117クーペ軍団。各世代が揃ってますね。こういう展示は勉強になるのでうれしいです。左から2番目が初期のハンドメイドと呼ばれるやつですね。

181110-105316_R.jpg
角目バージョン。私が小学生のころ、丸目から角目へのマイナーチェンジが数多くありました。子供のころは角目がカッコイイと思っていたなあ。今やどんな形のライトもありになりましたね。

181110-105431_R.jpg
リアのクオーターウィンドウは三角窓として開くんですね。全てが美しくデザインされてます。

さて次の車は・・・と思ったらこれで終わりでした!!私が行ったイベントの中ではダントツの小規模第一位です。私が行ったのは土曜日で日曜は会場が増えるようだったので、次の日はもっと車があったのだと思います。でも、お祭り屋台の食べ物を食べながら「この頃の車は・・・」みたいな会話があちこちでされているのはとても良い雰囲気でした。

帰りはコンビニで買ったアイスを食べつつ読書しながら電車を待ったのですが、本当に落ち着いた素晴らしい時間でした。それでは。
プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR