167. 今欲しいアルファ BEST10 (Top Gear 11-3)

さ~、Top Gear 11-3でーす。今回は古いアルファで遊ぼうということで、無茶苦茶やってました。

ということで、今欲しいアルファ10台です。一応、現実的に所有できそうということで80年台以降でチョイスしました。エンジンや走りがいいのは当たり前なのでほとんどデザインだけで選んでます。

第10位 164
10_164_130123_R.jpg
「アルファらしからぬ上品さ」
いろんな車と兄弟です。あぶない刑事で使われてたっけなあ。

第9位 145
09_145_130123_R.jpg
「奇妙なウィンドウライン」
サイドもリアもおもろい形。これくらいのサイズの車がいいです。

第8位 アルフェッタGTV
08_alfetta_GTV_130123_R.jpg
「ガラス多いハッチ」
サイドの片側で4枚もガラスがある。もしかしてリアの窓の前側は下がるのか?これぞハッチバックという美しい形です。

第7位 75
07_75_130123_R.jpg
「骨太後輪駆動」
無骨だが、FRだけあって全体のバランスはなかなか良い。太いCピラーがいい。いろいろ余計なラインが入ってるところがまたいい。

第6位 155
06_155_130123_R.jpg
「悲しそうなたれ目」
薄型ライト大好きです。155はなんとも哀愁を帯びたさみしそうな表情してます。全体の形の不格好さもまた魅力。超長いフロントオーバーハング、小さく見えるタイヤ、アルファならなぜかそれも魅力。DTM仕様との格差もすごい。

第5位 156
05_156GTA_130123_R.jpg
「ぬめぬめ4ドアクーペ」
ゴツゴツからぬめぬめへ。凄い変化です。イタリアンですねえ。美しいです。形だけで欲しくなるセダン、日本にはなかなかない。

第4位 147
04_147GTA_130123_R.jpg
「最高盾グリル」
縦長でするどいグリルが魅力的。グリルだけならアルファNo.1。なんとなく昆虫っぽい。小さいボディに大きなエンジン、ええですなあ。

第3位 GTV
03_GTV_130123_R.jpg
「スパイダー」
なぜスパイダー?顔が蜘蛛っぽいからです。サイドの斜めラインも凄い。ボンネットの開きっぷりも凄い。別の車になるんですよね。丸目インテグラもこれくらいぶっとんだ形だったらなあ。

第2位 ブレラ
02_brera_130123_R.jpg
「宇宙船」
旧型ヨーロッパシビックと並ぶ宇宙船ぐるまです。リアガラスの形もすごい。実物でかいんですよねえ。欲しいです。

第1位 SZ
01_SZ_130123_R.jpg
「The アンバランス」
うーむ、何回見ても理解不能な凄い形だ。事故車に見えなくもない。上は丸いが下は四角い。ボンネットは非常に薄いが、リアセクションは分厚い。いつまでも見ていたい凄いデザインだ。こんな車に乗っていたら降りるたびに自分の車眺めまくるんだろうなあ。

ふー、さすが大御所アルファは個性的な車だらけだ。最近のアルファは美しいことは美しいが、ちょっとぽっちゃりめなところが残念。マツダとのコラボが楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

166. ムスタング・マッハ1・パトカー

日曜日は鹿沼の免許センターに行ってきました!嫁さんの免許書き換えです。駐車場に入るのに2回も通知のハガキをチェックされました。

さて、鹿沼免許センターと言えば知る人ぞ知るマニアックな展示物があります。

mach1_pato_R.jpg
なんと本当に使われていたムスタング・マッハ1のパトカーです。カッコイイが何回見ても前輪の位置が下すぎるなあ。もっとボンネットの方に食い込んでほしい。赤色灯がなんとも古めかしくていい感じです。JA栃木共済連から寄贈とありましたが・・・なぜ?

建物の中に入って近くで見たかったのですが。
P1100181_R.jpg
小心者の私は申し出れませんでした(T_T)

となりにはこれまたマニアックなシボレーが・・
P1100166_R.jpg
皇室御用達の由緒ある逸品です。28年間も活躍したそうです。

ところで栃木県警と言えばいかすパトカーが多いことで有名。ムスタングの他にも、
nismo_Z_pato_R.jpg
フェアレディZ、しかもNISMO。栃木に工場ありますからねえ。

NSX_Imp_pato_R.jpg
NSXとインプレッサ。ホンダの研究所もありますからねえ。インプはなぜだろう。く~、NSXの薄眼のリトラ、たまらんです。

話は戻りますが、鹿沼免許センターに隣接する交通安全教育センターについて。

入ってみるとなかなかの設備。
P1100172_R.jpg
数多くの交通安全体感アトラクションがあります。しかし!残念なことに半分くらい動きません。前に来た時もこんな感じだったぞ。これはいけませんねえ。交通安全啓蒙に対する意気込みを疑ってしまいます。

設備を入れるだけ入れて、故障したらそのままにしておくとは!予算を使うだけ使って、あとは知らん、というふうに思ってしまいます。中央の巨大設備なんて一体いくらしたんだろう・・・

動いている設備を見てみると、
P1100180_R.jpg
ニッサンの危険体験シミュレータ。これはなかなかどきっとしていいです。

P1100175_R.jpg
ASIMOに似たキャラクターが出てくるな~と思っていたら、ホンダ製の自転車シミュレータでした。これもなかなか楽しい。当然暴走したくなります。

訪れている人はほとんどが子供連れの家族でした。やる気のない調整中の機械を並べておくより、後部座席シートベルトの重要性をわかってもらうデモとかやったらいいと思うんですけどね。シートベルトしないで車の中で動き回っている子供をみると本当にぞっとします。

頼みますよ!交通安全教育センターさん!

テーマ : 安全運転
ジャンル : 車・バイク

165. WRCチャンピオンカー (Top Gear 11-2)

冬はいいですね~。何がいいって、B16Aが絶好調です。軽やかに高回転までまわり、乾いたVTECサウンドを奏でます。もちろん安全運転ですけど。あと、スタッドレスタイヤの丸い乗り心地、快適だなあ。

さてと、Top Gear 11-2です。今回はランエボXとインプレッサのおなじみライバル対決がありました。ジェレミーはランエボ好きでインプ嫌いみたいです。

ランエボ、インプと言えばWRCですが、日本車がでなくなってからさっぱり情報に接してません(T_T)
さみしいなあ。というわけで、昔のチャンピオンマシンでも紹介してなつかしがりましょう。

1、ルノーアルピーヌA110 (1973年)
P1060257_R.jpg
A110と言えば、何といってもカーグラTVのオープニングを思い出しますねえ。フェラーリ328と同時に登場していましたが、A110の方がカッコイイともっぱらの噂でした(?) この時代にこのかっこよさって、凄っ。

2、ランチャ・ストラトス (1974-76年)
P1060427_R.jpg
うっひょー、何回見てもかっちょええ。スーパーカーの中でもかなり上位に入ります。レプリカ欲しい。戦うために生まれてきた至高の1台です。

3、フィアット・アバルト131 (1977-78,80年)
abarth131_R.jpg
うおー、フィアットさん、ストラトスの次がこれですか!?正反対の無骨系。しかし、そこがいい!本物見たいぞ。

4、フォード・エスコートRS (1979年)
P1080153_R.jpg
サニーだ!どこからどうみてもサニークーペだ。サニーの族車に見える~。一見地味ですが、これまたシンプルなラインが美しいですねえ。何気にフォードは長期間活躍してますねえ。

5、タルボット・サンビーム (1981年)
sunbeam_R.jpg
ファミリアだ!どこからどうみてもファミリア3Drだ。オバフェンの処理がこなれてません!タルボット?サンビーム?本当にチャンピオンマシンなのか?謎めいたとことが魅力の1台です。

6、アウディ・クワトロ (1982,84年)
audi_quatro_R.jpg
これまた伝説の車。ただの3ドアハッチバックに見えないこともありませんが、なんといっても初代クワトロですからねえ。これも見たことないなあ。

7、ランチャ・ラリー037 (1983年)
037rally_R.jpg
ご存知、最も美しいラリーカー。わたしてきにはA110、ストラトスとラリー037で御三家って感じですけどね。こういうスーパーカー系ラリーカーもう出ないですよねえ。ランチャももうあんなだしなあ・・・

8、プジョー205ターボ16 (1985,86年)
205t16_R.jpg
5ターボやデルタS4と同じ無理やり作りました系です。この豪快さが今の自動車会社にも欲しい。まあ豪快すぎて、グループBが禁止になりましたけどね。リアセクションの造形すごいです。

9、ランチャ・デルタ (1987-92年)
delta_130122.jpg
うーむ、ベースグレードからここまでかっこよくなった車が他にあるだろうか。ブリフェン美しすぎ。WRC6連覇って、もう現れないだろうな。これまたまじで欲しい一台。

この後は日本車全盛期~ベース車両が地味(すみません)時代なのでイマイチ盛り上がりに欠けます。とてつもなくカッコイイラリーカー現れないですかねえ。

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

164. SLスノーパークとぐんま昆虫の森

昨日は~ポッポに~乗って~、蒸気、蒸気、蒸気~♪ 作詞作曲 次男2歳

土曜日はまたもSL! 群馬の前橋までSLスノーパーク号に乗りに行きました!

P1100070_R.jpg
C61です!これは大きい、真岡鉄道の倍くらいありそうだ。客車も人も多い!山田洋二監督出演のC61を再生させるNHKスペシャルは次男は数え切れないほど見ています。

P1100075_R.jpg
長男は汽笛を恐れて耳をふさぎっぱなし。次男は怖がりはしないが、それほど興奮もせず・・・どうやら、本物よりおもちゃの方が好きみたいだ。とーちゃん、かーちゃんは大喜び。

P1100066_R.jpg
おお、この前の真岡鉄道でもお会いしたトップハム・ハット卿らしきお方が!前回は車内でステッカーをいただきました。ありがとうございます。今回はお話するチャンスを逸してしまった。機関車たちの働きぶりをチェックしているのか、ソドー島にスカウトする機関車を選別しているのか・・・ごくろうさまです。

P1100038_R.jpg
途中の車窓からは東に赤城山、西に榛名さんが見えました。いいですねえ、某頭文字Dで有名なお山です。ぜひ、老後は山のふもとに住んで、スポーツカーで山にちょくちょく出掛けるような生活をしたい。S2000がいいかな、30年落ち??

その後はコストコに行こうか迷いましたが、これまた次男のためにぐんま昆虫の森へ!
P1100096_R.jpg
2回目の訪問です。安藤忠雄さん設計のいかす建築です。

P1100105_R.jpg
ふれあいコーナーありました。結構すごくて、カブトムシの幼虫、巨大ゴキブリ!!、ヘビなど強烈なメンバーがそろってました。さすがにゴキブリは全員無理。森で育っているので清潔らしいのですが・・・

P1100115_R.jpg
長男はヘビの大喜び。怖がりなのになあ。月イチで脱皮するそうです。へえ~。

P1100102_R.jpg
とーちゃんも昆虫は大好き。ここは実に多くの昆虫が見れます。特にお気に入りはこのキンピカ系です。

P1100125_R.jpg
植物園の中の蝶。季節のせいか、前回ほどはたくさんいませんでしたが、それでも幻想的な気分に浸れる素晴らしい場所です。暑い・・・

P1100128_R.jpg
図書館フェチにはたまらない資料館。美しいですね。地震の時はどうなっちゃうんでしょう。

夕飯は超お気に入りの志多美屋でソースかついただきました。群馬に来るときはほぼ毎回行ってます。本当に美味しい!新潟のたれかつと双璧をなす美味だ!

北関東道のおかげで群馬が実に近くなりました。次はどこに行こうかな。

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

163. 長男の誕生日記念、今年見たい乗り物BEST10

1月16日は長男の7歳の誕生日でした。クリスマス、お正月とイベント続きだったので、誕生日プレゼントは後で欲しいものができたときにその権利を行使するということにしました。

すっかり戦闘機にはまり、ジェット戦闘機はかなりマイナーなものも含めてほとんど覚えてしまいました。エアブレーキがどうだの、チャフだのフレアだの、マニアックな会話ばかりしてます。

さて、去年はいろいろな乗り物を見たり乗ったりして楽しみましたが、今年息子と見てみたい乗り物BEST10を考えてみました。

第10位 E6系新幹線
10_P1040552_R.jpg
これは見たいというより乗りたい。ぜひ秋田まで行きたい。在来線の線路を新幹線で走ってみたいです。息子的にはスーパーこまちと言う名前がちと残念だそうです。あと、色をもっと赤くしろだそうです。

第9位 C57
09_C57_130116_R.jpg
これは次男用ですね。真岡鉄道のSLは何回か見たり乗ったりしていますが、SLの中ではかなりの小型。次はもう少し大きいC57に乗りたいですねえ。SLばんえつ物語号として活躍してます。

第8位 ヴェイロン
08_veiron_130116_R.jpg
まだ見ぬ大物スーパーカー。去年は実にたくさんのスーパーカーを見れたが、さすがにこいつはいなかった。でも見れないだろうなあ。

第7位 ハリアー
07_AV8_130116_R.jpg
在日米軍がお持ちということなので。空中に泊まってる姿を見たい!

第6位 F12
06_F12_130116_R.jpg
FRフェラーリの最高峰。息子の大好きな穴だらけ。写真より実物の方がカッコイイタイプのような気がする。新しいコルベットがこんな感じになってましたね。

第5位 NSXコンセプト
05_NEW_NSX_130116_R.jpg
これも見たい!東京モーターショーで見れるかな?NSXらしいかと言われれば微妙ですが、かなりカッコイイと思います。小さそうなところもいい。楽しみです。

第4位 A-10
04_A10_130116_R.jpg
これも米軍基地で展示されることがあるらしい。ザ・攻撃機ですねえ。実に男くさい、しぶい攻撃機です。最強と言われる30mmマシンガンを近くで見たいです。

第3位 サンダーバーズ(F-16)
03_thunderbirds_130116_R.jpg
今年日本ツアーがあるらしいと噂のアメリカのアクロバットチーム、サンダーバーズです。あの曲芸飛行をF-16で見れるなんて!たまらんです。

第2位 F70? (F150?)
02_F70_130116_R.jpg
エンツォの後継です。エンツォを見たときの感動を再びっていう感じです。これも難易度高いなあ。東京モーターショーに来てくれないかなあ。

第1位 F-22
01_F22_130116_R.jpg
長男的にはやはりこれですね。昨年もいくつかの航空祭で展示されたようす。今年もお願いします!

さ~、このうち何台見ることができるだろうか。がんばろう!

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

162. プリウス vs M3 (Top Gear 11-1)

雪積りましたね~。

昨日、わざわざ雪を求めて日光湯元スキー場まで行ってきたのに、次の日に宇都宮がこんなになるとは・・・
もちろん子供は大喜び。

とーちゃんはレイトショーでLOOPERを見てきました。先が全く読めないストーリーは最高ですね。未来世界の車もたくさん登場して楽しかった。ほとんど現代の車の改造でしたけど。

帰り道は路面つるつる、ブレーキが冷や汗もんでした。何よりつらいのはわだちの中央の硬くなった雪をCR-Xのスポイラーで削りながら進むとき。家の近くは交通量少ないのでこうなります。

さて、全く話は変わりますが、またTop Gearネタです。ようやく11-1です。

プリウスとBMW M3がサーキットで燃費競争してM3が勝つというなんともTop Gearらしい皮肉のこもったチャレンジがありました。

さて何回も言ってますが、私はプリウスのデザインが大好きです。あのハイブリッドカーらしい形が。

いつの間にかハイブリッドカーらしい形って世間的に認知されている気がします。

Gs1_R.jpg
プリウスG's。マスクがいけてるかどうかはおいといて、やはり何回見ても全体の形はすばらしいです。斜めハッチ好きにはたまらない。初代はあんなだったプリウスもよくぞここまでかっこよくなりました。

purius_gt300_R.jpg
ほとんど原形をとどめていないGT300仕様。サイドウィンド全体が後傾していてラインが水平に近いのでプリウスっぽさがあまりない。

insight_exclusive_R.jpg
忘れてはいけないインサイト。このエクスクルーシブというグレード、高級感たっぷりでなかなかいいです。うっかり欲しくなってしまうくらいカッコイイ。CR-Z5ドアという名前で再デビューして欲しい。

insight_mugen_R.jpg
そして無限仕様がこれまたイイ!近年まれにみるgood無限仕様ではないだろうか。

そしてもう1つ。ちょっと系統の違うハイブリッドですが。
chevolet_volt_R.jpg
シボレー・ボルトです。これまた5ドアハッチで大好物です。ハイブリッドぽいというかホンダっぽいというか。プリウスやインサイトと比べるとまだ普通のセダンに近いのでハイブリッドぽさはやや劣るかな。

volt_policecar_R.jpg
こちらはパトカー仕様。サイドウィンドウの下の黒い部分がボディ同色なので、窓の小ささがよくわかります。こうしてみるとやはりプリウスっぽい。

opel-ampera_R.jpg
そして凄いのがこのボルトの兄弟車であるオペル・アンペラ。凄いくまどり。市販車でここまでやるとはおそるべし。

少し前は息子もプリウスやインサイトを見るだけでも喜んでいたものでした。やっぱこの形はカッコイイと思わせる何かを持ってるんじゃないでしょうかね。リーフもいかにも電気自動車っていう革新的な形してたらよかったんですけどねえ・・・

テーマ : プリウス
ジャンル : 車・バイク

161. WANDAポルシェ記念 911以外のポルシェBEST5

またまた缶コーヒーおまけが始まりましたねえ。

otona_wandaCP_07.gif
アサヒのWANDAのポルシェ911カップカーシリーズです。大人ワンダということで、あまさ控えめなところは良いのですが、エスプレッソと名乗るからにはもう少し苦い感じが欲しいところ。でも、やっぱりおまけシリーズはブラックコーヒーで展開して欲しい。そうじゃないと、大量に飲めません・・・

ということで好きなポルシェBEST5なのですが、911はあまりにも当たりまえ、そして種類が多すぎて難しいので、911以外での個人的ランキングです!

第5位 914
5_914_R.jpg
いいですね~、ポルシェなのにこのちゃっちい感じ(すみません)。こうしてみるとFR車の形してますね。ロードスターみたいです。これぐらいがちょうどいいです。

第4位 928
4_928_R.jpg
サーキットの狼ミュージアムにある928です。横から見たスタイルがすばらしく素敵です。V8のグランツーリスモ、優雅ですねえ。

第3位 944
3_944_R.jpg
うおー、かっちょええ!昔はそうでもなかったが、今見るとたまらない形してますねえ。924とか968とかありますが、私はこの944が一番好き。世界一のハンドリングのFR車と称されたマシンです。ブリフェンしびれます。

第2位 ケイマン
2_cayman_R.jpg
形としては911より好きなんですよねえ。後ろ姿は911以上にグラマラス。わざと911より遅く作ってあるとか。

第1位 パナメーラ
1_panamera_R.jpg
この角度がいい!Top Gearでは醜い車と散々の言われようですが、私は大好き。ハッチバック好きにはたまらん一台です。家族で出掛ける車がこんなんだったら最高だろうな。カイエン買うなら、絶対こっちですけどね。

街でみかけるポルシェはほとんどが911かボクスターで、息子もあまり喜びません。レア度低すぎ? 944なんて今頃乗ってたらかっこよさそうですね。

テーマ : ポルシェ 
ジャンル : 車・バイク

160. ボンドカー BEST5 (Top Gear ボンドカー・スペシャル)

遅ればせながらCR-Xのタイヤをスタッドレスに変えました。
いや~、乗り心地が良くていいですね~。
ゴーっていうタイヤの音も減って快適です。その代わりヒャーっていう音は増えますが。

土曜日にBSフジのTop Gearで007のボンド・カー スペシャルを放送していました。21:00からだったので息子と一緒に見ました。車大好きな息子ですが、さすがに日本語吹き替えのない字幕放送では内容の理解は難しいらしく、いらいらしていました。ふりがな機能を追加したらどうですかね、漢字の勉強にもなりそう。

さて、肝心の中身ですが、これがかなり秀逸。イギリス人の007への愛着が強く感じられる素晴らしい番組でした。というわけで、個人的に好きなボンドカーBEST5です。

第5位 トヨタ2000GT
5_2000GT_R.jpg
これはサーキットの狼ミュージアムにある2000GTのオープン。有名な話ですが、2000GTは正確にはボンドカーではなく、日本の諜報部の車。ショーン・コネリーが大きすぎて入らないからオープンに改造したって説明がありました。トヨタさんやりますね。もう少し上の順位にしたいところですが、2000GTはオープンより圧倒的にクローズの方がかっこいいので、5位です。イギリスでもこの車のすばらしさは認知されてるんですね。うれしかったです。

第4位 ムスタング・マッハ1
4_Mach1_R.jpg
これもボンドが運転したけどボンドカーじゃないみたい。意外とアメ車が多くてびっくり。その中でもこれはカッコイイ。

第3位 アルフェッタGTV
3_alfetta_GTV_R.jpg
これまたボンドが運転したけどボンドカーじゃないです(^_^;)
しかし、カッコイイですね。このスタイルで後輪駆動、アルファのエンジン!ほとんど完璧な車ですが、修理代が凄いことになると番組で紹介されてました。それにしても、ハッチバック好きにはたまらんなあ・・・

第2位 ロータス・エスプリ
2_Espli_R.jpg
特殊装備的には断トツの1位ですね。子供のころ本当に興奮しました。ロータス社の広報がわざと007のスタッフの目のつくところに駐車してボンドカーの座をつかんだというエピソードもしびれました。そうそう、久しぶりに見たロジャー・ムーアの変わりっぷりもびっくりでした。エスプリを改造して潜水車を作ったところもTop Gearならでは。

第1位 アストンマーチンDBS
1_DBS_R.jpg
DB5や前のヴァンギッシュなどアストンはボンドカーとして何回か登場していますが、こいつの美しさにかなう車はありません。イギリスの誇りです。世界に誇れる映画、キャラクター、車を持つ英国、素敵です。次回作ではそろそろ特殊装置を付けてみたらどうですかねえ。

やっぱ、Top Gearはおもしろいです。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

159. あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

P1090908_R.jpg
去年は長男の趣味に付き合って(?)、自動車イベントばかり行っていたので、たまには次男の好きなものをということで・・・真岡鉄道のSLに乗ってきました。

こんな近くにSLが走っていて気軽に乗りに行けるなんて、宇都宮ってやっぱりいい場所だよなあ。

P1090916_R.jpg
終点の茂木駅では転車台で向きを変えるシーンが見れました。埼玉の鉄道博物館ではよく見ますが、本当に使ってるのは初めて見ました。

P1050837_R.jpg
真岡鉄道にはC11とC12がありますが、今回乗ったのはC11。そんなにSLファンというわけではないのですが、そんな私でも蒸気機関車の音、振動、匂い、威厳には毎回圧倒されます。

P1090927_R.jpg
しかし、何と言っても凄かったのはSLを撮影する人の多さ!線路沿い、特に踏切のところには本当にたくさんの人がいました。寒い中ごくろうさまです。天気も良かったのでいい写真撮れたんじゃないでしょうか。

やっぱり、鉄道もいいもんですね。

ここからは単なる日記。

P1090830_R.jpg
お正月は新潟の実家に帰省。雪大好きな息子達はちょっとの雪を見つけては大喜び。奥に見えるのは新潟の誇り、レインボータワーなのですが、もう動いていないとのこと。タワー好きの長男がっかりです。

新潟は風が強くて、帰りの磐越道は恐怖でした。毎回思いますが、ちょっと暗すぎなんですよね。

P1090853_R.jpg
4日は長男たっての希望でスケートに行ってきました。とーちゃんは30数年ぶり。長男は初めてなのに壁に頼ることもなく、転びまくりながらもどんどん前に進んでいました。疲れましたが、楽しかった。

休みが過ぎるのは早いですね。

では、今年もがんばりましょう!

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

158. 2012年息子が喜んだ乗り物BEST10

2012年も終わりですね。やはり早かったなあ。
このブログを見て頂いている皆さま、どうもありがとうございました。

大晦日の今日はついんりんくもてぎの花火の祭典へ行ってきました。
かなり良いと話では聞いていたのですが、本当に良かったです。

・花火が近いので音のずれも少なく、音楽とまずまず合っている。
・30分で8000発、非常に密度が高く、中だるみもないし、疲れない。
・車1台の駐車料金と全員分の観覧料込で4000円という素晴らしいコストパフォーマンス
・ゆっくり座って見れる

P1090777_R.jpg

P1090781_R.jpg

P1090784_R.jpg

P1090787_R.jpg
お勧めです。次も行こう。

さて、今年は家族で非常にたくさんの乗り物イベントに出掛けました。その中で息子が特に喜んだ乗り物BEST10を上げてみたいと思います。

第10位 U3-X
10_U3X_120909_R.jpg
アシモよりこっちがお気に入り。子供にも感動を与えるすばらしいメカニズム。

第9位 E6系
9_E6_121006_R.jpg
何回か見ているが、それでもやはり大興奮。常に子供に夢を与えるすばらしいデザイン。あまり車種を統一しないで!

第8位 フェラーリFF
8_FF_121007_R.jpg
やはりフェラーリの最新モデルは興奮するらしい。結構次々にニューモデル出ますよね。

第7位 ブガッティEB110
7_EB110_120603_R.jpg
この車がただものではないことは6歳の子供にも伝わるようだ。

第6位 アヴェンタドール
6_Aventador_120721_R.jpg
仙台まで見に行ったかいがありました。内緒にしてたので、見つけたとたん走りだしてました。

第5位 童夢零
5_Dome_Zero_120923_R.jpg
トミカで一目ぼれした車がタイムリーに山形に登場。雨で来てくれないんじゃないかと心配したのですが、無事ご対面できて感激。

第4位 航空自衛隊の戦闘機
4_hamamatsu_121118_R.jpg
まさか、ここまで戦闘機好きになるとは・・・予想外だった。

4_BlueInpulse_121118_R.jpg
特にこのT4練習機は大好き。F-22の次に好きだそうです。純国産・・・いい響きです。

第3位 フェラーリ458
3_458_120505_R.jpg
長男のフェラーリ熱が上がってきたときに、公道でこれを見たんですよね。ディズニーランドの近くで。とーちゃんも息子も大興奮。忘れられません。

第2位 フェラーリF40
2_F40_120617_R.jpg
親切なオーナーさんのご好意で運転席に息子が座らさせていただいた一台。感激、ただ感激です。もちろん、乗る前に見ただけでも大感激でした。

第1位 エンツォ・フェラーリ
1_ENZO120804_R.jpg
なんといってもこれです。息子にとって永遠のヒーローです。デザイナーの奥山さんと写真を撮れたのも最高の思い出。

実に充実した1年だったな。来年も素晴らしい年でありますように。

テーマ : フェラーリ
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR