150. ヴォクスホールVXR8 と羊の皮を被った狼BEST10 (Top Gear 10-7)

寒くなってきましたねえ。そろそろスタッドレスを考えないとなあ。

さてと、今回はTop Gear 10-7です。オープニングはヴォクスホールVXR8という実に渋い車。

vxr8_R.jpg
とんでもない性能のセダンですが、形はホンダっぽいというか、実に普通の形です。いわゆる羊の皮を被った狼ですかね。

羊の皮を被った狼と言えばスカイラインのイメージですが、形も十分に狼です。もっと羊な感じの個人的BEST10を考えてみました。

第10位 アスカ・イルムシャー (羊の皮度:7、狼度:6)
aska_irmushar_R.jpg
なんとも平凡な4ドアセダンに、150psのSOHCターボ、しかもイルムシャーチューンというかなりの狼っぷり。なんでしょう、このホイルは!デザインした人凄すぎます!!

第9位 ギャラン・VR4 (羊の皮度:6、狼度:7)
galant_vr4_R.jpg
この前の代のVR4はラリーカーとして有名、この次の代はなかなかやる気のあるデザインでカッコイイ。しかし、この代のVR4はなんとも地味なイメージです。三菱の無骨な魅力が足りないなあ。

第8位 ブレイド・マスター(羊の皮度:5、狼度:8)
brade_master_R.jpg
まずまず精悍なハッチバックで羊な感じは少ないですが、V6 3500cc 280psというとんでもないエンジンを積んでます。MTなら更に良かったんですけどね。こういう車、もう出てこないだろうな・・・さみしい。

第7位 カローラGT (羊の皮度:8、狼度:5)
corolla_GT_R.jpg
4AG搭載のいかすやつです。エンブレムがGTという大胆さ。昔のトヨタのセダンは大抵GTグレードがあったのですが、これは特に好きな1台です。デザインが好み。

第6位 アコードSiR (羊の皮度:8、狼度:6)
accord_SiR_R.jpg
アメリカ用の大柄なボディで、タイヤとボディの隙間もでかい。普通のセダンですが、エンジンは2.2L DOHC VTECの名機H22Aです。このエンジン大好きです。昔インテRで良く高速道路を使っていたのですが、あまりの騒音に静かな車が欲しくなり、ちょっと購入を考えたことがあります。

第5位 シビック・フェリオSiR (羊の皮度:7、狼度:7)
ferio_sir_R.jpg
こちらもノーマルグレードとほとんど区別がつかない4ドアセダン。この代は珍しく4ドアにも最強グレードが用意されていました。エンジンはこれまた超名機B16Aです。アコードと同じくレースでも活躍した名車ですね。

第4位 オデッセイ・アブソルート V6 (羊の皮度:8、狼度:7)
odyssey_abso_v6_R.jpg
狼系のミニバンと言えば、エリシオン・プレステージの300psも思い浮かぶのですが、私としてはこの2代目オデッセイの印象が強いです。普通のミニバンスタイルですが、ミニバンとは思えぬ凄い走りです。セダンを通り越してスポーツカーっぽかったような気がします。

第3位 コロナ・GT-R (羊の皮度:10、狼度:5)
corona_GTR_R.jpg
これがGT-Rですよ!!どーにもスポーツグレードに見えなくていろいろ調べてみましたが、この5穴のホイルはやはりGT-Rのようです。もう完全に普通のグレード、どこにもスポーツを感じさせません。すばらしい、まさに羊の皮を被ってます。いいなあ、トヨタのGTって。

第2位 ストーリアX4 (羊の皮度:8、狼度:8)
storia_x4_R.jpg
ラリーのベース車ということで、713ccで120psというとんでもないエンジンを積んでます。しびれる~。ベース車両ならではのしょぼい外装と安っぽい鉄ホイルがたまりません。後継のBoonは外観もかなり狼になっちゃってますが、このストーリアは渋いですねえ。

第1位 パルサーVZR 4ドア (羊の皮度:9、狼度:10)
pulser_VZR_R.jpg
ただのサニーですね、外観は。しかし、中身はシビックタイプRも真っ青の1600cc 175ps(@7800rpm!!)です。凄すぎます。3ドアだけでなく、何を考えたか4ドアまで出しちゃうところが素敵です。この上に200psバージョンもあるんですよね。ホンダより凄いじゃん!

というわけで、全く個人的な観点で10台選らんでみました。今回の妄想はなかなか楽しかったな。車っていいですね。

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

149. Honda HSV とツインリンクもてぎの花火

今日は、会社をちょっと早くあがって、ヱヴァンゲリヲン新劇場版Qを見てきました。平日のレイトショーだというのになかなかの人の入りでした。

しかし、最初は冒険活劇、徐々に理解不能・・・エヴァっぽいですね。ちょいと残念なのは、エヴァも登場メカもイマイチかっこよくないところ。せっかくこんな設定になったんだから、もうちょっとしびれるデザインのものを出して欲しいなあ。

私のすぐそばでは若い夫婦が5歳くらいの女の子をつれて見ていました。小さい子供にこんなの見せて大丈夫かなあ。同時上映もあれだし・・・

さて、話は全く変わりますが、この前の土曜日はとーちゃんをおいて、かーちゃん&ボーイズでツインリンクもてぎに花火に行ってきたので、息子の写真で報告です。

HSVを見たと嬉しそうに言っていたので、写真を見せてもらったら・・・
P1090332_R.jpg
お、一般道(正確には違うか?)を走るHSV、珍しい。牽引されてたみたいですが。

P1090552_R.jpg
これもHSVとのことですが・・・なんとなくそんな模様ですが・・・
結局写真はこれだけでした。来年こそはCR-ZとHSVの走っているところを見たいぞ。

残りは花火の写真、息子は花火の写真を撮るのがなぜか大好き。
P1090459_R.jpg
P1090474_R.jpg
P1090437_R.jpg
この写真を見て次男が、「ライオン!ガオー、ガオー」と異常に興奮していたそうです。見たかったなあ。あれ、良く見ると確かにライオンの顔にも見えるぞ。そういう花火なのか?

嫁さんが言っていましたが、この花火なかなかのもので高いお金を払っても見る価値があるそうです。今度はとーちゃんも一緒に行くぞ!

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

148. ローバー・SD1 (Top Gear 10-6)

今日は久しぶりに一人でお留守番。かーちゃんと子供たちはお友達の家族とツインリンクもてぎに花火を見に行ってます。しかし、ほとんど寝てすごしてしまった。

最近は飛行機ばっかりだったので、ひさしぶりの車ネタ。Top Gear 10-6です。

今回登場の車の中で心に刺さる一台がありました。

SD1_R.jpg
ローバー・SD1です。あー、こんなのあったなあって感じで思い出しましたが、実に興味深い車ですねえ。V8 3500ccとこの巨大なボディで5ドアハッチバックというのがしびれます。グリルレスのあっさりした顔も好みです。

sd1_2_R.jpg
いやー、なんとも伸びやかで優雅なデザインです。ハッチバック好きにはなかなかたまらない一台です。

このSD1、何気にラリーでも活躍していたんですね。
SD1_rally2_R.jpg
おお、かっこいいじゃないですか。デイトナ度もUPしています。

SD1_rally_R.jpg
後輪駆動ですからねえ。最後の純粋なローバー車らしいです。

番組中でこれに似ているというコメントがありました。
P1050384_R.jpg
確かに雰囲気は似ている。そのうちフェラーリも5ドアとか出すんでしょうか。

しかし、一歩間違えばこれらの車っぽくもあるかも!?
corona_5door_R.jpg
コロナ5ドア。昔は大抵5ドアがありましたね。

concerto5dr_R.jpg
コンチェルト5ドア。なつかしいなあ。今見るとなかなか英国テイストあふれる渋い一台ですねえ。

個人的にはこれが雰囲気が近い気がします。
leopard_R.jpg
初代レパード。5ドアではないですが。スペシャリティカー的なところ、大排気量の後輪駆動、ガラス面積が大きくて明るい感じ、どうですかね?

SD1、どこかのイベントで見れないかなあ・・・

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

147. UCC戦闘機とトミカリミテッドバットモービル

長男が車好きになったきっかけはエンツォフェラーリのラジコンでした。

そして戦闘機好きになったきっかけはUCCの戦闘機コレクションです。

ふと息子の部屋を覗いてみたら・・・
P1090328_R.jpg
おー、いつの間にか素敵にディスプレイされている!しかもマジックで名前まで書いて。微妙に間違ってるのが可愛いぞ。天空の城ラプターとか言っちゃったからなあ・・・

本当にこのシリーズが好きらしく・・・

P1090179_R.jpg
浜松基地航空祭でもときどきラプターを取りだしては眺めていました。こんなに気に入ってくれると親としてもうれしいです。

しかし、このシリーズはクオリティが高い! コーヒーはおまけが付いていなくても日常的に買うものなので、実質的な値段はただです。今、最も優れた玩具メーカーはUCCでしょう!次点はサントリー(BOSS)かAsahi(WANDA)でしょうか。これだけで、子供のおもちゃは十分です。

チョコエッグも優れた戦闘機シリーズがありますが、部品が細かすぎてすぐ壊れるし、何よりシークレットなので欲しい飛行機がなかなか手に入らない。その点、缶コーヒーのおまけは中身が見えるので、欲しいものが確実に選べます。まあ、コンビニを何軒かまわる必要があるときもありますが。細かいミサイルとかはついていないので、子供が遊んでもあまり壊れずちょうどいいです。

それに対して、ちょっといただけないシリーズを最近見つけてしまいました。
tomica_batmobile_R.jpg
トミカリミテッドのバットモービルシリーズです。某所で一つも売れていないのを見ました。私もタンブラーが好きなのでぜひ欲しいところなのですが、なんとこのシリーズ735円もするのにシークレット!!え~?どういうこと?10個セットで買えば確実に揃うらしいのですが、5種類しかないのになぜ10個セット??7350円ですよ!

どういうことなんでしょう、トミカさん!トミカは子供に夢を与える大好きな会社ですが、この売り方はいけません。

P1050314_R.jpg
例えば、タンブラーを好きになった子供が大切なお小遣いを使って、これを買って外れたらどんな気分になるでしょう。無理して買って3回連続外れたらどんなに悲しいでしょう。迷いに迷って選んで、また同じ車が出てきたら・・・

この商品を企画するときにどのように決められたのでしょうか。
「シークレットにしておけば、マニアがたくさん買うのでは?」
「たくさん買わせるために10個セットにしましょう」
なんて会話がなされたのでしょうか。

うーん、ちょっと感情的になってしまいましたが、もう少し何とかして欲しいです。

ところで、最近戦闘機の話ばっかりするので、車は興味なくなったのか息子に聞いてみたら、今でも一番好きなのはエンツォフェラーリだそうです。ちょっと、ほっとしました。

P1090143_R.jpg

P1090145_R.jpg
我が家の内壁や床は全て木のままなので、落書きしやすいです。とーちゃんもかーちゃんも子供の落書きには寛容なので、どんどん書いてくれって感じです。

きっと、十数年後、子供が成長し家を出て行ったあとに夫婦でこういう落書きを見てしんみりするんだろうな・・・

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

146. 浜松基地航空祭 その2 ブルーインパルス編

エアフェスタ浜松2012の続きです。

メインイベントであるブルーインパルスです。この時間になると基地内は人であふれかえり立っている場所もないほどでした。

しょぼい写真ですみませんが、いくつか紹介。
P1090288_R.jpg

P1090283_R.jpg

P1090289_R.jpg
写真は取り損ねましたが、ダイヤモンド形態で飛行してきたのを見て息子が一言、「ルノーだ!」。やるなあ。

P1090278_R.jpg

P1090280_R.jpg
芸が細かいですね!

P1090297_R.jpg
最後のコークスクリュー。まさに昇竜拳です。

もうこのころは疲労がピークに達していたのと、帰りの渋滞を避けたかったので途中で帰ろうかなんて言っていたのですが・・・本当に時間が経つのを忘れるほど熱中して見てしまいました。もちろん最後まで。感動ですね。凄い技術です。あのスピードと移動距離でちょうど飛行場の真上で交差できるなんて、どうやってるんでしょう??いいもの見させていただきました。松島基地からやってきたブルーインパルスの皆さま、本当にありがとうございました。

さて、航空祭も終わり、昨日宇都宮を出たのとほぼ同じ時刻の2:30に浜松を出発です!

基地周辺の渋滞に巻き込まれることもなく非常にスムースに新東名に乗れました。初の新東名です。

P1090300_R.jpg
うーん、道は広いが、なんとも単調な景色が続きます。おまけに帰りを急いでブルーインパルスのおみやげを買ってもらえなかった長男が超不機嫌・・・

しかし・・・

P1090301_R.jpg
ん?あれは・・・

P1090303_R.jpg
やったー、富士山だ!実は富士山の近くを通ってもうちの家族はまともに富士山が見れたことはありません。いつも雲の中。泣きべそだった長男の機嫌も一気に回復、さすが富士山です。しかし、この後また雲に隠れてしまい二度と見えることはありませんでした。でも見れてよかった。

P1090309_R.jpg
途中NEOPASA駿河湾沼津で休憩。海も見える素敵なSAです。この景色をみて長男が叫びました。
「とーちゃん、すごいのがいる!」
え?どこに?

P1050761_R.jpg
なんと、それはヒュンダイのバス。「ヒュンダイ!ヒュンダイのバスがいるよ!」
マニアックなやつ。まわりの人もくすくす笑ってました。

ここを出てしばらくしてからは、ひたすら渋滞。その長さ、なんと60km!!
途中で降りる決断ができず、そのまま高速を使い続けた結果、行きの倍の12時間もかかってしまいました。もう腰が折れそう。

しかし、その超渋滞の経験も含めて実に楽しい休みでした。航空ショー最高ですね。

そうそう、浜松と言えば宇都宮の餃子ライバル!ぜひ餃子を食べようと思っていたのですが、帰り道に見つけられず断念。次こそは食べるぞ!

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

145. 浜松基地航空祭 その1 戦闘機編

戦闘機に興味を持ち始めた長男。さらにその興味を加速させるため、思い切って浜松基地のエアフェスタ浜松に行ってきました!

浜松が静岡の中のどこにあるかもイマイチわかっておらず、なんとなく神奈川のとなり、ということはほとんど関東!ということで、そんなに遠くないんじゃね?と嫁さんに聞いてみたら、嫁さんものりが良く、前日の土曜の午後2:30に宇都宮を出発しました!

ナビによると宇都宮から5時間。途中で休憩も入れながら6時間で手前の磐田に到着。行きはとっても順調でした。帰りは地獄でしたが、それはまた後ほど・・・

さて、土曜の大雨とはうって変わって、18(日)は快晴。風は強かったけど、絶好の航空ショー日和です。

息子の撮った写真で紹介です。

P1050640_R.jpg
来た~!とーちゃん大好きF16! じゃなくて、F16を改造したF2戦闘機です。かっちょえ~!!!なんという美しいライン。うーむ、どんな車もこの美しさにはかなわないのか?空気抵抗に挑戦する乗り物は全て美しいが、その究極の姿がジェット戦闘機かもなあ。

P1050641_R.jpg
長男はこういうパーツが好き。爆弾ですかね。

P1050642_R.jpg
空対空ミサイルかな。ミサイルと戦闘機はどっちが速いのかと聞かれました。うーん・・・

P1090157_R.jpg
最強の戦闘機と言えばこれ、F15です。強そうだ。貫禄あるなあ。

P1050647_R.jpg
F4ファントムです!これまたカッコイイ!長男は空気取り入れ口にある板(?)が気に入らないとのこと。デザインにはうるさいんです。

P1050648_R.jpg
本日の主役ブルースインパルス。T4練習機です。

P1090171_R.jpg
ノーマルのT4練習機。小さい。

P1090183_R.jpg
F15のエンジンです。これでマッハ2.4出せるなんてもの凄い。

P1090182_R.jpg
いろいろな部品が外されているT4練習機。長男はずいぶん長い間ジーっと見てました。何か思うところがあったか?いい傾向だ。

P1090223_R.jpg
嫁さんががんばって1時間近く並んでゲットしたT4の座席。中でデジカメ持ってるのが長男です。うれしそう。

P1050695_R.jpg
そのとき息子が撮った写真。凄い人の数です。何万人来たんだろう?

P1090237_R.jpg
座席を降りてからも写真撮りまくり。

ここからは飛んでる飛行機。飛行展示っていうみたいです。
P1090193_R.jpg
F2戦闘機。とーちゃんのしょぼいデジカメではズームもこれが限度。かなり本気の飛行で迫力でした。

P1090254_R.jpg
F15も飛んできました。感動です。

P1090250_R.jpg
早期警戒機E767かな。ほとんど止まってるくらいに遅い動きに見え、それがまたド迫力。

うーん、眠い。続きのブルーインパルスは次の回にします。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

144. 幸手クラシックカーフェスティバル

今日は午後出社にしたので、少し空いた時間で次男と虫取りに行ってきました。我が家は結構な田舎なので、近くは田んぼだらけ。さすがに冬も近いのでそれほど虫はいませんでしたが、蝶やとんぼを捕まえて虫かごに入れました。しかし、何かの幼虫を見つけた次男は何を思ったか、蝶ととんぼを逃がして、あやしい芋虫を虫かごに入れて喜んでいました。うーむ。

さて、もう1週間近くも前の話ですが、埼玉県の幸手市の「幸手クラシックカーフェスティバル」に家族4人で行ってきました。気になった車を幾つか紹介します!

きちんと車名をチェックしていなかったので、もしかしたら間違ってるかもしれません。

P1090126_R.jpg
サニーです。なつかしい。最後の後輪駆動モデルですかね。なんとも普通の形です。

P1090130_R.jpg
マスタング・マッハ1。でかい!鹿沼の免許センターにパトカーが飾られているのを見たような気がする。今回特に思ったのはボンネットが分厚い。ものすごい存在感でした。

P1090136_R.jpg
フロンテクーペとセルボクーペ。直系ですね。フロンテクーペのかっこよさは言わずもがなですが、奥のセルボも何気にかなりかっこいい。ロングノーズでセンターピラーが太く、ハッチの角度もいい。いいじゃない!

P1090106_R.jpg
ブルーバードですよね。壊れない車だと柳生博が言ってました。おぎやはぎの番組で。

P1090104_R.jpg
サニーの初代かな?2ドアセダンってやつですかねえ。意外とヨーロッパのにおいがします。

P1090115_R.jpg
何とも美しいボルボのクーペ。1800S? E? しかし、ボルボっぽくないですね。

P1090118_R.jpg
吉田茂が乗っていたというロールスロイス。でかい。

P1090121_R.jpg
フィアット850スパイダー。これはたぶん初めて見ました。超可愛い。ジウジアーロデザインらしいです。

P1090124_R.jpg
カリーナかな。足のいいやつですかね。これまたなつかしい。

P1090085_R.jpg
ファミリア・ロータリークーペ。たぶん。これも珍しいなあ。

corolla_GT_R.jpg
渋いなあ。カローラGTです。GTというエンブレムが誇らしげ。クリーンなデザインがいけてますね。4A-Gにジウジアーロデザインですよ。わお!

P1090092_R.jpg
R30スカイラインです。前期型です。後期型鉄仮面のしょうゆ顔もいいけど、前期型のソース顔もいいですね。

P1090094_R.jpg
パブリック・カー、略してパブリカです。おもろい名前。なかなかに可愛いデザイン。

P1090102_R.jpg
RX-3とハコスカGT-R。ライバルです。こういうのが見れるのも、こういうイベントの楽しみですね。

以上です。ちょっとクラシックすぎたせいか、長男は残念ながらそんなにエンジョイしてませんでした。はやく旧車にも興味を持たせねば。

そうそう、こういうイベントには良くミニカー屋さんが出店を出すんですが。そこで800円で売っているランボルギーニのミニカーを見ました。

ん?もしかしてこれ??800円って・・・
UCC_Lambo_R.jpg

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

143. コマツフェスティバル in 小山工場

今、長男が夢中なのは飛行機と車。次男が夢中なのは虫と重機!

というわけで、11/10はコマツの小山工場のお祭りに行ってきました!

伊豆のコマツテクノセンターの見学会が猛烈に楽しいのですが、倍率が高くてなかなか当たりません。ちょいと重機の大きさは小さいが、小山工場もなかなか。

重機はいいですよ。
1、でかい!
2、形が変!
3、動きが変!
車や飛行機や電車にはない独特の魅力があります。

と言いつつ、まずは車から。
P1090024_R_R.jpg
日産の工場が近いせいか、フェアレディZのパトカーが来ていました。NISMOバージョンなんですね。長男曰く、「警察の車なのに、改造しすぎ!」
確かにこのエアロはかなりきている。

P1090026_R_R.jpg
次男が真っ先に向かったのはなぜかコンテナ。コンテナ好きなんです。でもこれただの木材捨て場でした・・・

P1090035_R_R.jpg
次に、大好きなホイールローダを見つけて走りだす次男。これは、もしかして乗れるのか?と思ったら整理券が必要で、とっくになくなっていました。すまん、次男よ。次回はもっと早くきて並びます。

P1090040_R_R.jpg
とはいえ、間近で見れて子供たち大喜び。

重機のデモも見れました。

PC18MR!
P1090047_R_R.jpg
写真じゃわかりにくいですが、ショベルの動きが凄い。並行移動できるんですよね。

F5ECS!!
P1090060_R_R.jpg
うおーでかい。ただでかいだけでなく、上下に長い。こんなに高さがある乗り物なかなかありませんよ。コンテナを移動するための重機です。

P1090034_R_R.jpg
とんでもない力持ちだ!そしてこの倒れちゃうんじゃないか感がたまらない!どきどきしちゃいます。コクピットのデザインも秀逸。

スキッドステアローダ!!!
P1090054_R_R.jpg
ん?地味に見えますか?いえいえとんでもない!この重機、曲がる際にタイヤをステアせずに、左右の駆動力の差分で曲がります。戦車と同じです。そして、その動きはまさにドリフト!ドリフト好きの長男大喜びです。今回最大の収穫だそうです。ぜひミニカーで欲しい、レゴで作りたいと言ってました。ミニカーは・・・たぶんトミカにはないな。車両の後ろから前に伸びるアームのデザインも素敵です。

PC35MR!!!!
P1090050_R_R.jpg
木造建築破壊バージョンだ。恐ろしい爪を持つが、写真のように旗を持つなど繊細な動作も可能。このあと、旗をポールに入れて立てるのですが、こういう職人芸が見れるのも重機デモの楽しいところ。

P1090049_R_R.jpg
どーですこの爪!かっちょええ!

P1090067_R_R.jpg
デモが終わってもひたすら写真を撮り続ける長男。長男の重機ブームはとっくに終わったと思っていたが、なにげにエンジョイしてるじゃないか!いいねえ、将来コマツに入って世界中を飛び回るなんてのもいいんじゃないの!

P1090071_R_R.jpg
その他にも、エンジンやアクスルの展示、工場見学、各種アトラクション、敵役がおもしろいゴーバスターショーなどかなり楽しいイベントです。ちなみに、写真のディーゼルエンジン、長男は一目見て、直6だとわかりました。やるのう。

重機のすばらしさを満喫した一日でした。また重機界のスーパースター、モーターグレーダーやアーティキュレートトラックを見たくなってきたなあ・・・

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

142. UCC戦闘機と似た車

またまた缶コーヒーおまけシリーズです。今回はUCCの「日米共演!最速の翼コレクション」です。このシリーズ、長男は超気にいってます。とーちゃんも昔はかなりの戦闘機好きだったのでうれしいです。

121022_ucc_02_R.jpg

ラインナップはかなり無難な有名どころ。それぞれ車に例えてみたいと思います。

1、F-15
F15_R.jpg
最強の呼び声高いF15イーグルです。実戦で撃墜されたことがないらしいです。その姿は、グループAで無敗を誇った最強のマシン、R32スカイラインGT-Rを彷彿とさせます。
R32GTR_gor_F15_R.jpg
男くさい無骨なデザインも共通してます。こんなのに後ろにつかれたら、もう諦めるしかないでしょう。

2、F-2とF-16
F2_R.jpg
F16_R.jpg
美しい面で構成された軽量戦闘機、まさにNSXです。NSXのキャノピーがF-16をモチーフにしているのは有名ですね。
nsx_for_f2_R.jpg
確かに似てますね。F-16は一番好きな戦闘機です。

3、F-4
F4EJ_R.jpg
かなり古い機体なのに、このかっこよさ。長年活躍を続ける万能機です。
P1040222_R.jpg
サーキット、ラリーとあらゆるレースで活躍を続けるポルシェ911のようです。なんとなく曲者が乗るイメージも共通。私だけ?どちらもその手の場所では良く見かけるので注目度もちょっと低いかも。

4、F-14
F14_R.jpg
戦闘機界でも随一の人気と美しさを誇るF-14トムキャット。大柄な機体が翼を広げる姿がたまりません。
testarossa_for_F14_R.jpg
大型で美しく、人気があると言えば12気筒フェラーリ!とくにこのテスタロッサはデザインの美しさ、羽根を広げたような優雅な形がF-14っぽいと勝手に思ってます。もう1つの理由は、F-14→アフターバーナー→SEGAの体感ゲーム→OutRun→テスタロッサ!わかるかなあ・・・スペックは凄いが、本当に強い(速い)のかイマイチわからないところも似ている気が・・・・

5、F-22
F22_R.jpg
現代の超ハイテク戦闘機、F-22ラプターです。今のところの最強戦闘機という話ですが、機能優先で一昔前の美しさを感じないなあ・・・
GTR_for_F22_R.jpg
まさにこれ、全身ハイテクの塊のGT-R。多少デザインが微妙だろうが、この性能にはひれ伏してしまいます。おそろしや。

6、F-117
F117_R.jpg
でた~、元祖ステルス。どうみてもバットマンの乗り物です。こんな変なデザインの飛行機作るなんて、アメリカって素敵な国です。
Will_VS_for_F117_R.jpg
ステルスっぽいと言えばこれ!Will-VSです。どーです、この闇に溶け込みそうなデザイン。形がよくわからないところも似ている。イマイチ速くないところも??

やはり、戦闘機は美しいなあ。スピードを追求した乗り物は全てかっこよくなりますね。あー、少し前にあった百里基地の見学行けばよかったなあ・・・航空ショーめぐりもいいなあ。嫁さんも車よりは楽しんでくれそう。ふふふ・・・

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

141. VOLVIC ルノー 次はこれでBEST10

WANDA GT-Rシリーズに続き、次々と魅力的なおまけ付き飲料が登場してます。今回はVOLVICです。

Volvic_pet_R.jpg
フランスの水ということでルノーシリーズです。カングー、メガーヌ、A110、クリオ、1000KG、4、というラインナップです。なかなかのラインナップと言いたいところですが、これではルノーの魅力を表現できていません。実はルノーはかなりの変態車が多いメーカー、おまけにするならこれでしょというのを勝手に10台選んでみました。

第10位 日野ルノー4CV
hino_renault_R.jpg
ルノー4CVではなく日野ルノーで行きましょう。きっと年配の方が飛びつくはずです。じいちゃんの話にもときどき登場しますし、ムッシュかまやつも乗っていたとおぎやはぎの番組で紹介されていました。

第9位 クリオ・ウィリアムズ
clio_williams_R.jpg
世界一楽しいFFとして、よくインテRと比較されていたように思います。おまけとしてはちょいと地味ですが、通好みの渋い車ですねえ。

第8位 クリオV6
clio_v6_R.jpg
ルノーの変態っぷりがよく表現された車ですねえ。エンジンの搭載位置を変えるって、普通じゃないです。しびれます。無理矢理オバフェンがたまらない一台です。

第7位 スピダー
sport_spider_R.jpg
屋根さえ付かない超硬派。なぜにここまでスパルタン?そしてガルウィング。ぶっとんでますねえ。

第6位 ルノー8ゴルディーニ
renault8_R.jpg
いいですねえ。いつまでも見ていたい不思議な魅力があります。前後対称か?と思わせる車体形状。グリル類がいっさいないフロントマスクにたくさんのライト。リアドアがホイルアーチにかかっていない。フロントタイヤの上が妙に分厚い。なんといっても青いボディに白のストライプ。

第5位 メガーヌR26.R
megane_r26_R.jpg
これも凄い。超絶デザインに、とんでもない軽量化。カーボン、ポリカーボネイト、リアシートなしと極まってます。まさにぶちきれている。当時のFF世界最速だったような。

第4位 アルピーヌA310
A310_R.jpg
エヴァンゲリオン効果で人気があるはず。いや、そうでなくてもこのデザインは尋常ではない。ライトだらけ。

第3位 5 Turbo
5turbo_R.jpg
元祖無理やりミッドシップ。ラリーファンもGTロマン好きも大喜びするに違いないです。

第2位 アヴァンタイム
avantime_R.jpg
でた~、ルノーの変態ミニバン、いやクーペらしい。この形、ドアの開き方、窓の開き方、超魅力的です。次のファミリーカーはこれにするか?とまじめに考えてしまう逸品です。なんか欲しくなってきた。

第1位 エスパスF1
espace_f1_R.jpg
V10ミッドシップの世界最速ミニバンです!コンセプトカーですが。これも実にルノーっぽい。強引ミッドシップ。かなり有名なコンセプトカーだと思うので、きっと人気のおまけとなるでしょう。

こうしてみるとルノーはエンジンが前にない車が非常にたくさんありますねえ。変な車を出し続ける実に魅力的なメーカーです。日本のメーカーも見習ってほしい。このおまけなら10本まとめて大人買いしますのでVOLVICさん、お願いします!ミネラルウォーターならいくらあっても大歓迎。砂糖入り缶コーヒーは勘弁して欲しい・・・

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

140. 歴代シビック BEST9 (Top Gear 10-5)

めっきり寒くなりましたね。仕事や何やでやや忙しく久しぶりの更新です。

最近、長男は飛行機にもかなり興味を持っていて、土曜日はとーちゃんを置いて群馬県にラジコン飛行機のイベントに同じく飛行機好きのじーちゃんと一緒に行ってきました。とーちゃんも行きたかった。ちなみに次男のブームは虫。そのうち飛行機と虫のジャンルも作ろうかな。

あ、そうそう、今夜初めて長男が一人で違う部屋で寝ると言い出して、初トライしたのですが、あっさり眠りについてました。昔から一人でお泊まりとかできる子供だったのですが、なんかさみしいような気も・・・

さて、Top Gearの続きを・・・10-4はアストンマーチンV8ヴァンテージその他でしたが、アストンについては少し前に触れたので省略です。その他の車も書くことがなくて・・・10-5は一部のマニアの間では有名なシビック・タイプR(欧州版)の回です。日本で言うと少し前に限定販売されたタイプRユーロですね。

これが、前モデルに対して、新型がここまで酷評された車はないのではと思うくらいの悪い言われようです。前モデル(EK9)のタイプRは特にイギリスで成功を収めたモデルだったようで、絶賛されているのですが、タイプRユーロは一つも良くなったところがないと番組内で言われています。私は結構好きなモデルなので少しくやしい。

というわけで本日は私の好きなシビックベスト9です。なぜBEST9かと言うと今まで日本で発売されたシビックが8世代で、8代目はタイプRユーロもあるので、全部で9種類という扱いにしました。アメリカ入れるともっとあるんですけどね。

第9位 2代目 スーパーシビック
2nd_cx_R.jpg
一応、CXというスポーツグレードがあるのですが、私の中では最もスポーツイメージがないシビックです。初代と3代目の間に挟まれてちょっと地味な感じ。実はこのころホンダファンじゃなくて、トヨタファンだったんですよね。今画像を見るとそんなに悪くない感じ。犬が恐い・・・

第8位 初代
1st_1500RSL_R.jpg
もう初代が登場?と思われるかもしれませんが、基本的にシビックは全て大好きなのでこの順位です。私が物心ついたときの家の車なので、もちろん大好きで思い入れたっぷりの車なのですが。RSが有名ですが、写真は後継のスポーツグレード1500RS-Lです。この小さい車体に1500ccって結構大きいエンジンですね。

第7位 7代目
7th_3dr_typeR_R.jpg
このEP3タイプRが嫌いなわけじゃないです。スタイルもまずまずだし、走りもTop Gearで絶賛されているほど優秀ですし、日本ではレア度が高いところも魅力。7代目の残念なところはこの代から、3ドアハッチバックをメインにしなくなったことなんです。このころから3ドアハッチがなくなり、今では日本ではほとんど絶滅してます。3ドア好きとしてはさみしい限り。スタイリッシュな3ドアが増えてほしいなあ。

第6位 8代目(4Door)
8th_4dr_typrR_R.jpg
8代目はついに5ドアハッチバックもなくなり、セダンだけになりました。まさかシビックがセダンだけの車になるとは・・・当時はかなりショックでした。オーリスやアクセラ、インプレッサなどががんばっているのに、シビックがまっさきにやめてしまうなんて!しまいにはシビック自体が日本ではなくなってしまいました。悲しすぎる。

第5位 6代目 ミラクルシビック
6th_3dr_typrR_R.jpg
これも衝撃だった。それは前のスポーツシビックからあまりにもデザインがかっこ悪くなったから。写真のタイプRでがかなり持ち直してカッコイイ車になりましたが、普通のSiRはきびしかった。3,4,5代目のハッチバックはかなり個性的かつスタイリッシュなデザインだったので、6代目はわりと普通な感じなところも残念でした。あと、この代から登場したタイプRですが、この凄いモデルがかえってスポーツカー離れを加速させてような気もします。SiRって、ファミリーカーとしても快適に使えるのに速く、いじればなお楽しいという車だったのですが、タイプRが出てからマニアのための速すぎる車になったようで。今思えばですけどね。

第4位 8代目(3Door)
8th_3dr_euroR_R.jpg
特に好きなのは日本では買えない5ドアなのですが、3ドアも大好きです。この車を初めて見たときの衝撃は忘れられません。これぞシビックだ、きっとヨーロッパで大評判になり、日本でも発売され、再びシビックが脚光を浴びるに違いないと思いました。確かに3ドアタイプRはイギリスからやってきましたが、私が期待したほどには盛り上がりませんでした。素晴らしいデザインだと思います。車高の高さを気にさせない形、切れ味鋭いフロントマスク、見る角度によって全く異なるボディ形状、いい仕事だなあ。

第3位 4代目 グランドシビック
4th_3dr_gr_a_R.jpg
この頃のシビックのイメージといったら、全てにおいてライバルを圧倒的にリードしていたように思います。VTECエンジンの気持ち良さ、速さ、燃費の良さ。ワイド&ローを強烈に印象付けるデザイン。それでいて広い室内。4輪ダブルウィッシュボーンの豪華なサスペンション。レースでの強さ。まさに万能。素晴らしい。このころのシビックって、SiRやSiじゃなく、25iとか25Xでも結構速くて楽しい車だったんですよね。

第2位 5代目 スポーツシビック
5th_gr_a_R.jpg
これも4代目に続き、性能・メカニズムにおいてライバルを圧倒し続けたシビックだと思います。しかし、なんといってもお気に入りはデザインです。歴代シビックの中で、これが一番好きな形です。特に斜め後ろから見たときのサイドウィンドウの形といったら・・・芸術品です。弟が乗ってたので、かなりの期間借りたりしていたのですが、本当に素晴らしい車でした。当時私はインテR(DC2)に乗っていたのですが、このシビックの方がいいかも、なんて思うときもありました。そうそう、VTiの1500ccで130psっていうのもびっくりしたなあ。

第1位 3代目 ワンダーシビック
3rd_civic_gr_a_R.jpg
私の2台目の愛車であり、車のすばらしさを教えてくれた最高のシビックです。これが出るまえのホンダはイマイチパッとしないラインナップだったのですが、ワンダーシビックから劇的に魅力的なメーカーになったと思います。私も一気にホンダファンになりました。その前に乗っていた車がAT(知る人ぞ知るホンダマチック)のシティだったので、ワンダーSiに乗り替えたときの感動といったら物凄いものがありました。この感動はも何に乗り替えても得られないと思います。バッサリ切り立ったリア、滑らかに上下が近づくサイドウィンドウのライン、グリルレスのクリーンなフロントマスク、衝撃でした。ZCエンジンの力強さ、エアコン・パワステ・サンルーフ・フラットになるシートの快適性、今では当たり前の機能ですが、そのころは本当に感動しました。この車に出会えたことを本当に感謝したい思い出のシビックです。

いや~、たくさん文章書いちゃったなあ。速くて、かっこよくて、安い、スポーツカーでもありファミリーカーでもある、それがシビックです。早く戻ってきてね。

テーマ : Honda
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR