95. とうほく自動車フェスタ かなり古い車編

この週末は長野に避暑に行ってました。暑かった・・・

さてと、とうほく自動車フェスタ最終回です。とっても古い車と現在の姿の紹介です。

P1060825_R.jpg
完全に守備範囲外で詳しいことはまったくわかりませんが、名前からしてあのジャガーですね。1170kgで100psちょっと。そこそこ走りそうなスペックです。

P1060770_R.jpg
同じ会場にあった現代版のXK。ジャガーは意外とポジションが変わってないメーカーのような気がしますが、どうでしょう。

P1060828_R.jpg
おおっ、カブトムシ度満点の古いビートルです。てかり度合いがなんとも昆虫っぽいです。リアのウィンドウがかわいい。

the_beatle_R.jpg
最新版のザ・ビートルです。むむっ?ほとんど変わってないではないですか。フォルクスワーゲンさん、もっとがんばりましょう!

P1060827_R.jpg
ブガッティです。たぶん。グリルがブガッティしてますね。このころからなかなかの個性的なスタイル。

veiron_R.jpg
最新版のブガッティ、ヴェイロン。昔のブガッティの流れを汲んでいるのはグリルの形だけのような気もしますが、とにかく豪快に進化してます。世界の自動車の頂点に立つ存在です。車を超越した神のような存在として語られる場合が多いですね。フェラーリF70が超えるとか超えないとか。

P1060880_R.jpg
トヨペット・クラウンです。日本で歴史がある車と言えば何と言ってもクラウンです。

200kei_crown_pato_R.jpg
これも進化してますよ。今や日本を守るヒーローです。最新型はスタイルも流麗でちょっと好きです。

P1060903_R.jpg
ベンツ最古の車。長男もびっくりしてました。

P1060793_R.jpg
これも同じ会場に最新型が。SLS AMGです。ホイルは小径化されてるなあ。凄い歴史を持つメーカーですね。

P1060878_R.jpg
古いマスタングです。

untitled_R.jpg
こちらが最新型です。形はたいして変わってませんが。中身は大きく進化してます。とてつもなく賢い人工知能と、トランスフォーム機能やら、潜水機能やら、空飛んだり・・・・と何でもありです。確か第一話で燃費もものすごく良いと言ってたなあ。そんな技術があるなら、人類の平和のために普及させて欲しい。

さあ、眠いけど、まだまだオリンピック見ちゃいますよ~。
スポンサーサイト

テーマ : イベント
ジャンル : 車・バイク

94. とうほく自動車フェスタ ちょっと未来の車編

いや~、暑い、蒸し暑いです。息子はもう夏休み、いいなあ。

もうすぐとうほく自動車フェスタも終わりです。なるべく多くの方に行ってもらいたい。

今回はちょっとだけ未来の車編です。

P1060817_R.jpg
慶応大学の400km/h電気自動車エリーカです。なんと8輪駆動。フロントマスクのデザインが凄い。もう少しかっこよかったら玩具展開されていたのでは。昔パンサー6のトミカに興奮したもんです。しかし、長いな~。新幹線的な魅力があります。

ちなみにこれがパンサー6です。子供のころのお気に入りトミカ第2位です。
panser6_R.jpg
うおー、強烈!今見るとかなり大雑把なデザイン。フロントエンジンにも見えるが、ミッドシップです。V8 8.2L 3ATと豪快なスペック。最高速度はなんとも嘘くさい320km/hです!わお。

P1060832_R.jpg
Nコンセプト4です。雰囲気いいですねえ。現代風N360ばっちりです。バモス、Z、ライフ等、名前だけ復活した軽とは少し違いますね。

P1060775_R.jpg
トヨタFCV-Rです。うーん、イマイチかなあ。プリウスがあれだけカッコイイのだからもう少し頑張ってほしい。

P1060776_R.jpg
GRMNスポーツハイブリッドコンセプトⅡです。これは結構がんばってますね。フェンダーの張り具合が超好みです。MR-Sがベースなのだろうか。ヘッドライトをもう少しがんばりたい。

P1060779_R.jpg
ホンダAC-X。悪くはないが、いまひとつグッとこないですねえ。部分的にはいい感じなんですけど。ちなみに肝心の動力システムはほとんど気にしてません。ホンダ**-Xなんだからがんばろう!(意味不明)

P1060813_R.jpg
ニッサン・エスフロー。こりゃ、フェアレディZですね。ホットウィール感満点です。なかなかの力作ですが、現行フェアレディZよりカッコイイかというと微妙。

P1060786_R.jpg
エリーゼ発見!ん、モディー ワイバーンコンセプト?一関の会社が作った車とのことです。これもオリジナルのエリーゼ(ですよね?)よりカッコイイかというと・・・どうでしょう。ディノRSに似てるような気も。

P1060807_R.jpg
モディさんから子供用のEVスポーツPIUSという車も展示されてました。次男が気にいっちゃって、乗せてあげたらなかなか降りようとせず大変でした。長男の影響か車の下を覗きこむ癖がある。サス形式でも確認してるのか?フロントはダブルウィッシュボーンだったな。リアは未確認。

最近はコンセプトカーも電動系のオンパレードで、インパクトのある車が減ってきましたねえ。見ただけで、おお、これ出たら買っちゃうぞ~みたいなのがないなあ。

おまけ。
子供の頃の好きなトミカ第1位、かつ最高のコンセプトカー、トヨタEX-7です。
ex7_R.jpg
ドアの開き方も、積んでるエンジンも、スタイルもはんぱないです。サイコー!
※これはとうほく自動車フェスタに出展されてませんよ!

テーマ : イベント
ジャンル : 車・バイク

93. とうほく自動車フェスタ 戦う車編

宇都宮近辺ではこのとうほく自動車フェスタ、ほとんど知られていないですねえ。もったいない。自動車イベントって、結構見つけるのが大変ですよね。

今回は戦う車、モータースポーツ編です。

P1060788_R.jpg
おお、これは凄い。リーフのレーシングカーです。素晴らしい形だ。リーフらしさもばっちり残っていて、いい仕事してます。

P1060884_R.jpg
後も長~い。テールランプの形状が凄いことになってます。

P1060789_R.jpg
GTRです。平べったい。凄い迫力です。しかしほとんどノーマルと同じ形状の外観で無敵の強さを誇っていたグループAのR32のようなオーラを感じないのはなぜでしょう。

P1060787_R.jpg
earth dreamsなホンダF1です。これも全盛期に比べるとちょっと・・・

P1060801_R.jpg
セリカGT-FOURです。ボンネットにマシンガンがついてるタイプです。もうこれもずいぶん前の車ですね。

P1060802_R.jpg
マッハ555なインプレッサです。このカラーリングの車、良く見ましたよね。

P1060890_R.jpg
この2台も世界の頂点を極めた車です。本物の勝者が持つ威厳が漂ってます。

P1060772_R.jpg
4ローターの787B。とんでもない音出すんですよね。生で聴いてみたい。

P1060774_R.jpg
そして、史上最強のF1マシン、マクラーレン・ホンダです。

こうして文章を書いていると、なんだかさみしくなってきました。WRC, ルマン, F1とかつては日本車、日本のエンジンが世界を席巻していたんです。今はもうほとんど残っていません。市販車も似たような状況。

特にこのマクラーレン・ホンダ。日曜の夜、スクエアのF1のオープニングテーマを聴きながらどきどきしたもんです。月曜は眠い目をこすって会社にでかけました。最近はほとんどF1見てません。

ホンダのエンジンは確実に世界最高と思える時期がありました。自分の車にPowered by Hondaの大きなステッカーを貼るのがどれだけ誇らしかったことか。残念ながら今のホンダには心躍るようなスポーツエンジンはありません。ZC, B16, B18, H22, F20, C30・・・どれをとっても超一流で他のメーカーでは作れないと思わせるくらい素晴らしいエンジンだったなあ。フェラーリでもこの4気筒は作れないなんて言われてたこともあったのに。

がんばれホンダ。

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

92. とうほく自動車フェスタ ちょいふる国産車編

アヴェンタドールとレヴェントン、形も似ているが名前も似てる。長男と車トークしているとき、二人とも頻繁に間違えます。レヴェントンも見たいが、これは無理だろうなあ・・

さて、ちょっと古めの国産車編です。

P1060834_R.jpg
CVCCシビックです。意外とロングノーズ。安定したいい形してますねえ。

P1060833_R.jpg
初代シティです。なつかしい、私の初めての愛車ですよ。展示されていたのはEというグレード。私が乗っていたのはRというスポーツグレード(?)。ほんの数馬力だけUPしていたような気が。しかし、伝説のホンダマチックだったため、とてつもなくスローリーな加速でした。

P1060860_R.jpg
トヨタ2000GTのオープンです。2000GTは結構いろんなところで見るので見飽きてきました。うそです。今まで見た中でも特にコンディションがいいですねえ。ボンドカー、もう日本車はでてこないですかねえ。

P1060861_R.jpg
新旧ハチロクです。うーむ、頭文字D補正のおかげで旧型がものすごくかっこよく見える。この車の雰囲気で新型を出したらもっと売れていたのでは?スバルが困っちゃうけど。

P1060805_R.jpg
初代ソアラです。シャコタンブギです。なんとも優雅な車ですねえ。

P1060821_R.jpg
だるまセリカ、しかもST。このセリカもイベント等でときどき見かけますが、どれも車高ぺったんこで、タイヤはフェンダーぎりぎり。こうしてノーマル車両をみるとタイヤの細さ、車高の高さ、タイヤの奥まってる度合い(車体に対してトレッドが狭い)など、新鮮です。地面からかなり離れている感が昔っぽくていいです。

P1060820_R.jpg
スープラ。これも自動車ショーに登場する車になりましたか。確かにもうほとんど見かけませんねえ。いろいろ豪快な車ですね。

P1020577_R.jpg
ちっとも古い車ではないですがGTRです。スーパーカー編に入れ忘れました。なんとGTRは運転席に座ることができます。しかも綺麗なお姉さんのエスコート付き。息子もGTRに座れてご満悦でした。ありがとう、ニッサンの人。このとうほく自動車フェスタは結構いい車に座ることができますよ。どんどんお出掛けましょう。

P1060784_R.jpg
フェアレディZ。これもタイヤがトミカ並みに奥まっている。いつ見ても流麗な素晴らしいスタイル。

P1060864_R.jpg
赤いファミリア。フェラーリと並んで赤が似合う車です。

P1060865_R.jpg
パジェロ・・・えっ、これパジェロなの??ジープでしょ。すごいところから出発したんですね、パジェロって。

様々なジャンルの車が集まっているのもこの自動車フェスタの魅力です。北関東自動車フェスタ、日本海自動車フェスタ、甲信越自動車フェスタと続いて欲しいもんだ。

ではまた。

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

91. とうほく自動車フェスタ スーパーカー編

とうほく自動車フェスタ続きです。道中の車の中ではきゃりーぱみゅぱみゅのおねだり44℃ばかり聴いていました。息子もお気に入り。

さて、今回はランボ以外のスーパーカー編です。一部スーパーでもないカーも入ってますが。

P1060793_R.jpg
SLS AMGです。Top Gearによると、ランボルギーニやフェラーリでさえ運転しやすくなっているのに、この車のワイルドさは凄いらしいです。こういう異常な車をだすメルセデスって素敵です。

P1060858_R.jpg
C63 AMGです。V8 6.3L 487psです。スーパーカーのスペックですよね。おそろしや。

P1060804_R.jpg
ジャガーXJ。一番凄いグレードは510psだ。もう500psくらいは普通な感じ。

P1060770_R.jpg
ジャガーXK。これも同じエンジンのはずなので500psオーバー。はあ・・・

P1060792_R.jpg
カレラS。たったの400psしかないぞ。他の車が目立ちすぎるせいか、人だかりがなかったなあ。まあ、ポルシェは基本的にいつの時代も似ているので、「おおっ、珍しい!」って感じにならないんですよね。長男も街で見かけてもほぼスルーです。ポルシェに失礼だろっ!

P1060771_R.jpg
LFA。560ps。うーん、やっぱりへんてこなスタイルだ。フェラーリ、ランボルギーニ並みの外観ならなあ・・・もったいない。500台限定の後で、形を変えてもう一回出さないかな。

P1060791_R.jpg
マセラティ・グランツーリスモです。控えめの440ps。フェラーリを卒業した人が乗る車のイメージです。

P1060866_R.jpg
フェラーリ・カリフォルニアだ。490psです。458とずいぶん差があるな。初めて見たフェラーリだというのに、長男はそれほど喜ばず。アヴェンタドールに全て持っていかれたようです。フェラーリにしてはちょっとボディが分厚い感が漂ってますね。

P1060902_R.jpg
最後、気が付いたら屋根が閉まっていた。あ~、屋根が閉まる動作見たかったよう。クローズドの方がかっちょいいですね。

おまけ
P1060767_R.jpg
この日は運良く、会場の外でフェラーリを2台見ることができました。458と写真の360です。イタリアカラーのセンターストライプが素敵。長男はカリフォルニアよりこっちに喜んでたなあ。

今回はここまで。まだまだ続くよ。

テーマ : イベント
ジャンル : 車・バイク

90. とうほく自動車フェスタ アヴェンタドール編

行ってきました、とうほく自動車フェスタ in 仙台。それは予想通り、いや予想以上に素晴らしいイベントでしたので、じっくり紹介したいと思います。

touhoku-jidousya-festa.jpg


今回の最大の目的はもちろん、ランボルギーニ・アヴェンタドールです。長男と私の中で今、最も見たい車の1台であるこの車のためなら仙台なんてちっとも遠くありません。

今回も息子には何の車があるのか教えずに行きました。

touhoku_aventador5_R.jpg
会場でアヴェンタドールを見つけたときの長男の喜びようといったら・・・うーん、このリアクションを待っていたんだよ、とーちゃんは。興奮して写真撮りまくりです。タイヤのどアップは息子のお気に入りの被写体。

touhoku_aventador3_R.jpg
インテリアも撮ってますよ~。ドアはカウンタックより少し斜めに開く感じですね。

touhoku_aventador4_R.jpg
排気口も大好き。

touhoku_aventador2_R.jpg
いや~、それにしてもカッコイイ。今売っている車の中では最高じゃないでしょうか。完全に芸術作品です。まわりにはフェラーリやポルシェ、マセラッティなどスーパーな車がたくさんいたのですが、アヴェンタドールのオーラが凄すぎて他の車が霞んじゃうほどでした。

touhoku_aventador6_R.jpg
ここまでパネルの境目をデザインに利用している車はないんじゃないでしょうか。フューエルリッドも六角形、しびれます。

touhoku_aventador7_R.jpg
ドアのオープナーのまわりも六角形。デザインされつくしてます。

touhoku_aventador1_R.jpg
エンジンフードも実に凝った形。

P1060899_R.jpg
若干マッハ5っぽいフロント。ランボルギーニらしさを保ちつつ、この斬新さ。全く頭が下がります。

P1060867_R.jpg
リアも凄い面構成。どの部分を取っても芸術的。

touhoku_aventador8_R.jpg
閉館間際の人の様子はこんな感じ。あのアヴェンタドールがこんなにじっくり見れるんですよ!これが東京モーターショーならちらっと見るのが精一杯のはず。会場は多くの人でにぎわっていましたが、どちらかというと車マニアより家族連れの人の方が多いので、屋外のイベント等にちょうど良く分散していて、どの車もとても快適に見れます。すばらしい。

29日まで開催してますので、仙台に行ける方はぜひ行って欲しいです。

ちなみにこの日は予定を変更して仙台に泊まったのですが、長男は興奮しすぎたのか次の日高熱を出してしまい大変でした。

tomica_aventador.jpg
ちょうど良いタイミングでトミカのアヴェンタドールが発売になったので、記念にトイザらスで買いました。初回限定カラーはもうなかったのでオレンジの方です。白いアヴェンタドールのトミカをとうほく自動車フェスタの会場で売れば1日1000個ぐらい売れると思うんですけどね。今からでもどうでしょう、TOMYさん。

他にも見どころ満載でしたので、もう少しこのシリーズ続きます。

いや~、楽しかった。

テーマ : イベント
ジャンル : 車・バイク

89. 今欲しいマツダ車 BEST10

先日、グランディ子供科学館へ行く途中のマツダ・ディーラーで見た車は、、、

1_P1060758_R.jpg
ランティスだ~。帰り道に息子ととーちゃんそれぞれ写真撮影にトライ。息子は失敗しましたが、とーちゃんが撮ったのがこの写真。昔乗ってた赤だ。うーん、いくらで売ってたんだろう。

ということで、今回はマツダ車編です。ホンダの次に好きなメーカーなので気合も入ります。

第10位 マツダスピード・アテンザ
10_atenza_R.jpg
〇272ps, 38.7kgm, トルク配分4WD, 6MT, 2.3L直噴ターボと凄まじいスペック。控えめだが迫力のある外観チューンもいい。
×スタイルは現行の方がいいか。次はもっといいみたいだけど。

第9位 アスティナ
9_astina_R.jpg
〇この世代のファミリア3兄弟は全てグッドデザイン。ヨーロッパで認めらてた4ドアクーペ。
×デザイン以外は特に・・・

第8位 ユーノス・コスモ
8_cosmo_R.jpg
〇必要以上に大きいボディ、豪華な内装、3つもあるロータリー。無駄にゴージャス感がたまらない。
×ガソリンの減りが気になって出かけられない!

第7位 ファミリアGT-R
7_familia_gtr_R.jpg
〇戦うために生まれた車。ベース車両のデザインもいい。
×フロントバンパーがちょいと全体のバランスを崩している。

第6位 RX-7(FC)
6_rx7_fc_R.jpg
〇素晴らしいデザイン。初めて見たときは衝撃だった。一流の動力性能。
×これもガソリン代が気になるが、特に欠点なし。

第5位 マツダスピード・アクセラ(先代)
5_axela_R.jpg
〇純粋にカッコイイ。現行はフロントの造形がやりすぎなので、個人的にはこっちの方が好き。264psの文句ない性能。実用性もばっちり。
×いや~、特にないよ。いいんじゃない。

第4位 ロードスター(NC)
4_roadster_R.jpg
〇楽しいでしょう。3代目は乗ったことないけど。ずいぶんかっこよくなったし、動力性能も上がったみたい。欲しい。
×特にないが、S2000と比べてしまうと・・・

第3位 RX-7(FD)
2_FD1_R.jpg
〇長男も大好き、世界最高レベルのデザインと走り。やる気にさせる内装もいい。美しすぎる。
×ガソリンだけですね。

第2位 AZ-1
3_az1_R.jpg
〇まさに世界最小のスーパーカー。この写真を見ただけで欲しくなる。運転したことないが、楽しそう。あっという間に非日常の世界へ。
×死の香りがする。可愛い丸目だけが残念。

第1位 RX-8
rx8_R.jpg
〇なんでなくなっちゃうんだよ~。ファミリーカーとして使える最高レベルのスポーツカー。欲しい。
×ときどきかっこ悪く見える。なぜだろう。

番外 ランティス
1_lantis3_R.jpg
過去に所有した車は除くルールなので、ランティスはランクインしてませんが、やはりこれが一番好き。デザインだけなら世界一好きです。CR-Xよりフェラーリより。

1_lantis_aspec1_R.jpg
昔、赤のType-Rに乗ってたんです。このウィングが付けたかった。

1_lantis_aspec2_R.jpg
う~、やっぱりかっこよすぎる。2000cc, V6エンジンもウルトラスムースで素晴らしかった。盛り上がりには欠けましたが。MTだったので、嫁さんが運転できないということで結婚を機に手放してしまいましたが、ATだったら今でも乗ってたかも。たぶん、今ならタダ同然の値段で手に入るんだろうな・・・うーん、欲しい。欲しいよう。

特に変な車は登場しませんでしたね。やはりマツダは素晴らしいと再認識しました。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

88. なつかしCARショー @バンダイミュージアム

日曜日、長男の希望で壬生町にあるバンダイミュージアムへ行ってきました。それほど、興味はなかったのですが、「とーちゃん、ガンダム好きでしょ」の一言に負けてしまいました。ちなみに興味のない嫁さんは車の中で休憩、息子二人を連れて入館です。

P1060708_R.jpg
連邦の白いやつです。お台場まで見に行った全身バージョンと比べるとやっぱり半身だけっていうのはさみしい。2階にあやしい人がいますねえ。

P1060711_R.jpg
シンケンオーと折り神たちだ。長男は戦隊ものや仮面ライダーにはほとんど興味を示さないのですが、シンケンジャーはちょっとだけ見ていました。とーちゃんはどっぷりはまって録画して見てました。まさかシンケンレッドの正体があれだったなんて・・・

さて、日本のおもちゃコーナーに行ってみたら、そこは・・・

やっぱりなつかしCARショーが開催されてました!

まずは本当に懐かしい系。
P1060677_R.jpg
フェアレディZです。5マイルバンパーならぬ50マイルくらいのバンパーが付いてます。タイヤはみ出てます。

P1060680_R.jpg
シトロエンDSです。車名がちゃんと書いてある。

P1060684_R.jpg
コルベットとEタイプ。コルベットはよく登場しますね。

P1060685_R.jpg
マスタングとヨタハチです。ハチロクに続いて復活、トヨタ・ヨタハチ!ってならないかな。

P1060686_R.jpg
N360とマスタングと縦目のベンツです。ベンツのボンネットの中には謎のエンジンが。

P1060692_R.jpg
渋い、コロナ・マークⅡです。ハンドルリモコン・・・

続いてトランスフォーマーっぽい車たちです。
P1060718_R.jpg
テスタロッサです。2つあるなら、片方は変形させておいてくれ!まさか、となりの飛行機じゃないですよね。今回一番欲しかったおもちゃです。そういえばトランスフォーマー3に出てきたフェラーリ458の玩具は発売されたのだろうか?

P1060719_R.jpg
カウンタックとポルシェ911です。かなりおおざっぱな変形です。

P1060720_R.jpg
ポルシェ928です。ロボット形態が不気味。

さて今回の見どころはこれ、特撮物に登場した(と思われる)車たちです。
P1060722_R.jpg
最終型プレリュードだ。なかなかの再現度。こいつの動力性能ならウルトラマンのお役にも立ったに違いない。

P1060723_R.jpg
最近何かと気になるセリカXXのパトカー仕様だ。これはTV番組用ではないかもしれないな。

P1060697_R.jpg
コルベットですねえ。シンプルなデザインが玩具向けなのか。

P1060715_R.jpg
AZ-1、と思いきやなんとスズキCARAです。こんな乗り降りのしにくい車でヒーローは活躍できたのだろうか?最高速度312km/hです。直進安定性は大丈夫か。

P1060700_R.jpg
ずいぶん形が変わってしまっていますが、エスティマとセラですね。ガルウィング大人気です。セラはヒーローの乗り物としてピッタリですね。こいつの場合動力性能がちと心配だ。

ちなみに息子が一番気にいっていたのはサンダーバードでした。へえ~。

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

87. 今欲しい三菱車 BEST10

先週のある日のことです。

「とーちゃん、謎の車の写真撮ったんで何か教えて!」
「よし、まかせろ。どれどれ。」

息子が見せてくれた写真は・・・

10_GTO_R.jpg
わおう、三菱・GTOです。これは写真撮っちゃうな。

というわけで、今回は今欲しい三菱車BEST10です。

第10位 GTO
10_gto3_R.jpg
〇遠くから見たらフェラーリか?と思ってしまうスポーツカーらしいデザイン。前期・中期・後期とそれぞれ個性的。当時はNSX、GT-R等に比べると本格スポーツ度合いが足りない感じだったが、今大切に乗っていたらかっこよさそう。
×ガソリン代厳しそう。

第9位 ミニカ・ダンガンZZ
9_minica_dangan_R.jpg
〇3気筒DOHCターボ15valveという凄いメカニズム。15って珍しい。いい時代だったなあ。
×ちょっと腰高すぎるなあ。

第8位 ミラージュ(5代目)
8_mirage_cyborg_R.jpg
〇1.6L NAで175psという凄まじさ。モータースポーツのイメージも高い。特にリアのデザインが素敵。
×ちょいとデザインがおとなしいかな。

第7位 スタリオン
7_starion_R.jpg
〇GSR-VRの豪快なブリスターフェンダー。迫力です。
×これもガソリン代大変そう。

第6位 ランサー・エボリューションV
6_ランエボ5_R
〇ランエボもいろいろありますが、このVあたりが、ノーマルからのボディ改造度合いが大きくて好き。ごてごて感がいい。
×程度の良い個体がなさそう。この手の車はどうしても最新型が良いので・・・

第5位 ギャラン(6代目)VR-4 & AMG
5_galant_VR4_R.jpg
〇当時の最先端メカニズムてんこ盛り。突然進化した度合いが凄かった。精悍な顔つき。
×ランエボと比べると動力性能が・・・

しかし、本当に渋いのはこっちですねえ。
galant_amg_R.jpg
〇なんてったってAMG。NAというのもいい。ボンネット開けて見せびらかしたくなりそう。レア度も高い。
×マニアックすぎて理解してもらえないか。手に入らなそう。

第4位 コルトRALLIART Version-R
4_COLT_R.jpg
〇息子も大好きな存在感のあるデザイン。コルトはベースグレードもかなりいい形だと思います。MIVEC+TURBOという三菱得意技の集大成。163psもある。実用度も高いでしょう。
×欠点そんなにないなあ。いいかも。

第3位 フォルティス
3_fortis_R.jpg
〇ランエボのベース車両ですが、こっちでも十分カッコイイ。最近のセダンのなかではなかなかでは。コスパ高い。レア度もそこそこ。
×とはいえ、ランエボと比べちゃうなあ。

ちなみにスポーツバックという5Drもあるのですが、
3_fortis_sportback_R.jpg

なぜこのまま出さなかったのだ↓
3_fortis_5dr_concept_R.jpg
コンセプトカーはこのかっこよさ。完璧です。これなら本当に欲しい。本当に残念だ。

第2位 ギャラン(8代目) VR-4
2_galant_VR4_2_R.jpg
〇逆スラント+コーナーカットのフロントまわりのデザインが素敵。2.5L V6ツインターボ+5MTで280psというとんでもないSPEC。家族のお出かけにも使える貴重なスポーツセダン。レア度も高い。
×これまたガソリン代が大変そう。

第1位 FTO
1_FTO_R.jpg
〇個性的かつすばらしいデザイン。2000cc, V6 MIVEC 200psという素晴らしいSPECと性能。
×これも角度によっては妙にかっこ悪く感じるときがある

1_fto_lm_R.jpg
デルソルと並んで使える1台だったなあ。

三菱もメカニズムに凝った個性的な車多いですね。今回も考えるの楽しかった(*^_^*)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

86. 今欲しいホンダ車 11~20位

蒸し暑いですね~。エアコンありがたや。

さて、マツダか三菱で妄想しようと思いましたが、気付いてしまいました。まだホンダ車について妄想しきっていない!ホンダファンの血が別のメーカーに行くことをまだ許してくれません。

ということで、まさかのホンダ編PART2です。

ちなみに過去所有した車や、超定番のビートやインテやCR-Zは除いてます。

第20位 アコード・タイプR
20_UK_accord_type_R_R.jpg
〇またまたいきなり変な車。ユーロRじゃないですよ、タイプRです。日本では最高にレアなタイプRでは?最も家族にやさしいタイプRか。
×日本で手に入るのか?スタイルがなんとも地味。

第19位 アコード・クーペ
19_accord_coupe_R.jpg
〇海の向こうではアコード・クーペがこんなに進化してます(写真のは若干モディファイ入ってますが)。V6+6MTも選べる。
×並行輸入するしかない。

第18位 インサイト(2代目)
18_P1010385_R.jpg
〇プリウスと同じくらいこのデザインも好き。栄枯盛衰を極めた感がある。明智光秀っぽい。
×プリウスよりは少ないが、まだまだたくさん見る。写真の1.5なら若干珍しいが。息子はこれをキンピカインサイトと呼びます。

18_mugen_insight_R.jpg
〇無限エアロのカッコ良くなり度合いが高い。かなりの人が装着しているような。ここまでやれば、かなりいけてます。
×見た目ほど走らない。

第17位 プレリュード(3代目)
17_prelude_3rd_R.jpg
〇ボンネットの低さを極めた歴史的な一台。ホイルアーチのてっぺん=ボンネットというすばらしさ。いろんな車の隣に停めて比べたい。4WSの切れ味も凄い。もう滅多に見かけない。
×中古で見つからなさそう。

第16位 シティ(2代目)
16_CITY_GA2_R.jpg
〇小さく低くかっこいい。何気にフェンダーの張りがなかなか。軽い。CR-Xと同じくジムカーナに強い。エンジンのカルタスか、ハンドリングのシティか。
×中古あってもぼろそう。

第15位 レジェンド・クーペ(2代目)
15_legend_courpe_R.jpg
〇低く伸びやかなデザイン。FFミッドシップなのでタイヤの位置もFRっぽくてグーです。最近真っ赤なのを見かけたがしびれるほどかっこよかった。初代もかっこいいですね。
×なんとなく修理代がかかりそうな感じ。

第14位 フィットRS
14_FIT_RS_hybrid_R.jpg
〇コンパクトカーの中では傑出したデザインだと思います。6MTが選べる。実用性、燃費文句なし。特に最近出たRSハイブリッド。
×もう少しスポーツ度が欲しい。スイスポと張り合ってほしいなあ。

14_FIT_RS_R.jpg
〇写真のノンハイブリッドRSの方がフロントマスクがかっこいいぞ。この色もいい。

第13位 USシビックSi
13_us_civic_si_2dr_R.jpg
〇これも海の向こうで進化中。200psの2.4L DOHC-VTEC + 6MT。ほとんどタイプR。アコードクーペ同様になかなかのデザイン。
×日本じゃ買うの大変。$22,355なので現地なら日本円で179万円!アメリカうらやましすぎる。

13_us_civic_si_4dr_R.jpg
〇4Drもなかなか。家族持ちにはおすすめの1台。

第12位 アキュラ・TL(先代)
12_acura_TL_R.jpg
〇かっちょいいぞ。現行もなかなかだが、個人的にはこっちが好き。V6 286ps + 6MTという凄いのが選べる。ちなみに現行は305ps + SH-4WDという凄いのがある。
×がんばれば手に入りそうだが、高いでしょう。

第11位 レジェンド(4代目)
11_legend_R.jpg
これはマイナーチェンジ後ですが、おすすめはこっち↓

11_legend2_R.jpg
〇日本初の280psオーバー(300ps)+SH4WD!なんと100万円くらいで中古が手に入ります。スポーツセダンとして考えたら、かなり魅力的な1台だ。峠もいけます。もちろんファミリーカーとしても使えます。威圧感がないのもいい。レア度も高い。このエンジンとこのメカニズムがこの価格で・・・まじで魅力的です。
×とはいえ高級車なので、それなりの人物でないと似合わない?

あー、やっと吐き出しました。これで落ち着いて他のメーカーの妄想ができます。

テーマ : Honda
ジャンル : 車・バイク

85. 形だけで欲しい外国車BEST5

この前の日曜日に、某大型ホームセンターで買い物の後、嫁さんが運転するEdixで駐車場を出ようとしたところ、
父・子「かーちゃん、かーちゃん、超凄い車がいた!戻って、戻って!」
母「あー、うるさいなー、この親子は!」
といいつつ、Uターンして戻ってくれました。

そこにいたのは・・・
P1020363_R.jpg
ん?ランチャ・デルタか??

P1020362_R.jpg
んん?違うぞ。とーちゃんも名前がわからない。車名を見てみると・・・βです!
ベータと言えばモンテカルロを思い浮かべますが、こんな美しい2ドアクーペもあったんですね。

ということで、今回はデザインが好きで好きでたまらないヨーロッパ車を紹介したいと思います。

第5位 ランチャ・デルタ・インテグラ―レ・エボⅡ
5_delta_R.jpg
ランチャといえばやはりこれ。ノーマルからのモディファイ度合いが尋常ではない。ブリスターフェンダーとほとんど垂直のリアウィング、穴だらけのフロントセクション、全てが魅力的です。こういう無骨な美しさを持つ車、最近ないです。GTロマンによればポルシェより速い、欲しい。

第4位 ルノー・メガーヌ
4_megane1_R.jpg
この大胆なサイドウィンドゥの形。3Drはこれくらい冒険しないとね。この車の魅力は何と言ってもお尻です、お尻! 垂直に切り立ったリアガラスからこれでもかっとつき出たお尻!たまらんですたい!

4_megane2_R.jpg
5Drもいい!リアタイヤから前はいたって普通のコンパクトカーですが、やはりお尻はぷりんと出てます。お尻最高!RSなら動力性能も文句なし、欲しい。RSでなければ、ほとんどただみたいな値段で売ってます。

第3位 アルファ・ブレラ
3_ブレラRr_R
またもやお尻カーだ。どうです、この迫力あるお尻。実車は意外と大きくて威圧感あるんですよね。

3_ブレラ1_R
そして、このあくの強いお顔!濃いです。アルファのV6も付いてくるし、欲しい!

第2位 VW・コラード
2_corrado_R.jpg
うっひょーい、斜めテールゲート好きにはたまらない!CR-Xっぽい。中古車探したこともあります。エンジンもL4SOHC+スーパーチャージャー, L4 DOHC, V6 SOHCといろいろあって魅力的、欲しい。

第1位 クライスラー・クロスファイア
1_crossfire2_R.jpg
クロスファイヤーーーーーーーー。必殺技かよ。

1_crossfire1_R.jpg
どうです、このリアフェンダー。ポルシェを遥かに上回ります。私の大好きな斜めテールゲットハッチ。顔もいいし、各部の小技もいい!レア度も高いぞ!100%何この車って聞かれそう。そして、なんてったって中身はベンツです。SLKです。壊れなさそうだし、部品もありそう。日本仕様はATのみなのが、マイナス点。なんと中古は100万以下の物件もあるぞ。これは、マジで狙い目では・・・買えませんけどね。

さあ、次のネタを妄想するぞ。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

84. 今欲しいトヨタ車 BEST10

土曜日のつらい地引網体験での息子との会話

父「重いね~、こんなに重いとフェラーリでもかかってるかもねえ」
子「もしかしたらエンツォ?」
父「そうだとしてもさびさびだねえ~」
子「エンツォはカーボンだから錆びないよ」
父「・・・(成長したな)」

さて、ホンダ、ニッサンとくればもちろんトヨタですね。

さっそくカウントダウンです。

第10位 ブレード・マスター
10_blade_v6_R.jpg
〇驚愕の280ps!! パワーウェイトレシオ5.25kg/ps。化け物です。日本車には珍しい巨大エンジン無理やり詰め込み型。持ってたら説明が楽しそう!
×形がそんなに好きではない。ノーマルとの差が小さい。それがいいとも言えるが。ATしかない。

第9位 セリカXX
9_CELICA_XX_R.jpg
〇小学生のころの憧れの1台。シャープな顔つき、ぼてっとしたボディ。
×流通してないでしょう。なんとなく遅そう。

第8位 セリカ(リフトバック)
8_CELICA_LB2_R.jpg
〇のびやかなスタイリング。これも小学生のころの憧れの1台。一時期一番好きだったかも。テールの造形も素敵。私はクーペよりこっちが好き。
×これまた流通してないでしょう。

第7位 プリウス
7_Prius_R.jpg
〇86ではなくて、奥のプリウスです。白状します、プリウスのデザイン大好きなんです。この3代目プリウス、いまだに街で見かけるとドキっとします。2代目の100倍くらいカッコイイ。息子も一時期大好きだった。インサイトもね。
×一日に100回くらい見る。

第6位 IS
6_IS350_R.jpg
〇レクサスの中で断トツにカッコイイ。タイヤの位置、ボンネットとキャビンのバランス、BMWに匹敵すると思います。IS350は318psもある。
×高い。MTが選べない(日本では)

第5位 MR2(AW11)
5_AW11_R.jpg
〇小さい、整ったスタイル。なんてったってミッドシップ+リトラです。
×うーん、特にないなあ。いいかも。

第4位 アルテッツァ
4_altezza_R.jpg
〇FR,小型セダン,MT,210psとすばらしいスペック。FRらしさを十分に表したスタイルもグーです。ホンダにあったらなあ。
×試乗したら意外と遅かった。

第3位 Will VS
3_will_vs_R.jpg
〇ステルス戦闘機。190ps+6MTと走りもいける。変態度高い。
×角度によっては妙にカッコ悪い。

第2位 セリカ
2_celica_R.jpg
〇歴代セリカはどれも斬新かつカッコイイ。私はこの最終型が一番好き。
×ラリーカーじゃない。

第1位 MR2(SW20)
1_MR2_R.jpg
〇フェラーリっぽい。最終型は245psもある。何やら危険な感じがする。子供が見たらスーパーカー。
×これもないなあ。

いや~、本当にこの妄想シリーズ楽しいです。昔、中古車雑誌を眺めてヴァーチャルショッピングしていたころを思い出します。トヨタって、結構冒険してる車多いし、デザインもなかなかですね。

テーマ : TOYOTA
ジャンル : 車・バイク

83. 今欲しいニッサン車 BEST10

土日と泊まりで茨城県に行ってました。土曜は海水を含んだ強風の中、地引網を体験してきました。筋肉痛になるほどがんばって引いた巨大な網の中には・・・・ん?片手で数えられるくらいの小さな魚だけ。まあ、これも良い思い出です。ちなみに獲れるときはこの100倍くらいのお魚さんが入ってるそうです。

その帰り道、もうすぐ家に着くというところで、長男がここには超凄い車があると教えてくれた先にあったのは・・・

P1060196_R.jpg
S130のZです。(写真は西会津なつかしCARショーで撮影したものです)。幼稚園の通園バスの中からチェックしていたそうです。なぜかダットサンと呼んでいました。どこでその知識を得たのだろう?

とういうわけで、今欲しい車を妄想するシリーズの日産編です。しかし、日産はスカイライン、Z、シルビアなどの主力メンバが強力すぎて、ちょっと変わってるけど欲しいなあみたいな車が少ないですねえ。

第10位 ブルーバード(U12系)
10_bluebird_attesa_R.jpg
〇端正なスタイリング。アテーサSSSツインカムターボハードトップとてんこ盛り。
×多少地味。さすがにもう売ってない。本当に凄いのはセダンのSSS-R。

第9位 ガゼール
9_gazzele_R.jpg
〇小学生のころ好きだった。レア度大。西部警察伝説付き。
×中古車ないでしょう。車として凄かったのかよくわからない。

第8位 オースター
8_auster_muti_coupe_R.jpg
〇妙にカッコイイ。これまた小学生のころ大好きだった。
×スタイル以外に何が好きだったのか?絶対中古車ありません。子供の頃は車の形にしか興味がなく、性能はほとんど気にしていなかったなあ。

第7位 パルサーGTI-R
7_pulser_gtir_R.jpg
〇無理やり感がたまらない。ボンネット最高。ランエボやインプに比べてレア。
×ラリーカーとしての伝説が足りない。ボンネット以外の変更が少ない。

第6位 シルビア(S13)
6_silvia_s13_R.jpg
〇完璧なスタイル。見た瞬間プレリュードの敗北を確信しました。まさにART FORCE。
×程度の良い中古がなさそう。

第5位 スカイライン(R32)
5_r32_skyline_4dr_R.jpg
〇これまた素晴らしいデザインと車体の小ささ。直6。GT-Rも良いが、写真の4Drも好き。内装も良い。
×これまた程度の良い中古がなさそう。

第4位 ハコスカ
3_hakosuka2_R.jpg
〇ものすごい存在感。走りも現代で通用しそう。GTロマン。
×ベタすぎ。有名すぎてちょっと・・・

第3位 シルビア(S15)
4_silvia_s15_R.jpg
〇かなり美しい。それまでのシルビアよりお上品な感じ。
×意外とたくさん走ってる。

第2位 フェアレディZ (S30)
2_fairlady_Z_R.jpg
〇美しすぎる。ジャガーEタイプを目指したらしいですが、わたし的にはそれより上。現代の車ではあり得ない奇跡の車体形状。
×スカイラインと同じく有名すぎて気後れしちゃう。

第1位 フェアレディZ(Z34)
1_fairlady_Z_z34_R.jpg
〇いや~、すばらしいですよ日産さん。タイヤのでかさ、フェンダーのグラマラス度合い、ポルシェ以上です。微妙に後下がりのサイドウィンドウもすばらしい。
×お顔だけはZ33型の方がいいなあ。

歴史があるスポーツカーっていいですよね。フェアレディZとマツダ・ロードスターはがんばってほしい。

テーマ : 中古車
ジャンル : 車・バイク

82. MUGEN CR-Z GT と CRX ミッドシップ

CR-Xミッドシップ。実際にはミッドシップではないのに、こんなにミッドシップという言葉が似合う車があるだろうか・・・

かつていろいろな形でミッドシップ化され、私たちを興奮させたCR-X。

crx_mid_mechadog_R.jpg
何と言っても有名なのは、よろしくメカドックのCR-Xミッドですねえ。確か1.5iがベースだったような。おもしろかったなあ。

crx_mid_keichiro_R.jpg
こちらはKINGに登場のバラードCRX Si ミッドです。しんむらけーいちろー先生の作品です。今なら無料で読めますよ。検索して見つけて、ぜひ読んでください。NSXに勝つためにインプレッサのエンジンをミッド置きしたんですよね。

crx_mid_jstipo_R.jpg
バラスポCR-Xのミッドシップは実在するんですよね。Back Yardというお店が制作したジムカーナ車両です。しびれるね~

delsol_lm1_R.jpg
わたし的にはこれですね。グランツーリスモに登場のデルソル・ミッドです。890kgで626psですって。これにはお世話になったなあ。当時一番使ったマシンじゃないかなあ。

そして、ついに全国100万のCR-Xミッドファンの夢を実現させた車が登場しました。

mugen_crz_gt1_R.jpg
MUGEN CR-Z GTです!これだ、これがCR-Zのあるべき姿だ。

mugen_crz_gt2_R.jpg
低い!ノーマルのCR-Zはどうしても車体の厚さが気になってしまうが、これは完璧。

mugen_crz_gt3_R.jpg
リアの造形も凄い。何がなんだかわからない形だ。とにかくカッコイイ!

CRZ_GT300_1_R.jpg
そして何といってもミッドシップだ!V6 2.8L ツインターボです。ハイブリッドとかはどうでもいい!(すみません・・・)

CRZ_GT300_2_R.jpg
く~、たまりませんな~。茂木に応援いくぞ。早くミニカーとか出してほしい。そして、あまりの人気にホンダが市販化を真剣に考えるくらいになってほしい。V6じゃあ高そうなので、S2000のエンジンを縦置きでどうでしょう。どっちにしろ高そうですけど。

プジョー205ターボ16やルノー5ターボのような伝説の車になってほしい。お願いします!

テーマ : Honda
ジャンル : 車・バイク

81. 街で息子が見た車シリーズ3 (Top Gear 18-4)

いつも行くコンビニでまだUCCのランボルギーニコレクションがたくさん売っている。Blackコーヒー好きなので、コレクションが止まりません!

さてと、Top Gear 18-4です。今回はフェラーリFF vs ベントレー・コンチネンタルGT。しかも雪。雪上サーキット対決ではなんとベントレーが勝利するという、意外な結果でした。やるなあ。

ベントレーと言えば、実は長男のかなりのお気に入り。
Continental_GT_R.jpg
これは、長男と近所を車探し散歩をしていたときに見つけたベントレー。まさかご近所さんにこんな凄い車があったとは。がんばって撮影したようですが、ちゃんと撮れてませんでした。敷地の中を勝手に撮影してすみません。

P1010022_R.jpg
これはディズニーランドに行ったときのホテルで撮影したコンチネンタルの4Dr。このときはフェラ―リ458も見たので、息子には凄い車が集まる場所として記憶されたようだ。

ついでに、最近の長男撮影車からいくつか紹介。

P1020272_R.jpg
ベントレーと同じく12気筒と8気筒を持つ車、BMW8シリーズです。これはどっちだろう?半分スーパーカーですね。M8用に開発されていたV12がマクラーレンF1に載ったと教えておきました。

P1020317_R.jpg
息子とよくやる自動車クイズ。
「V5エンジンの車はあるでしょうか?」
「ない」
「ぶぶー、あります。答えはこれ。ボーラでーす。マセラティじゃないよ、VWだよ」
私、この車のデザイン大好きなんです。特にお顔。かっちょえー。

P1020327_R.jpg
これも息子のお気に入り。リトル・フェラーリこと、MR2でーす。街で赤いMR2が視界に入ると、フェラーリか?と心臓がどきどきしてしまいます。長男も同じだそうです。

P1020330_R.jpg
こんなのも息子は大好き。磐越道を走る自衛隊のトラックです。わざわざサービスエリアで集合している自衛隊車両を見に行かされました。しかし、磐越道はかなり道が荒れてるなあ。そろそろ路面改修してくれないと、つらいなあ。

P1060560_R.jpg
最後に、とーちゃん大興奮のイヴォーク。先週の土曜日に新潟で初めてみました。思ってたよりでかい!まさにデザインのパワーを感じる一台ですねえ。デザインだけで欲しくなる~。日本のメーカーさんも頼みますよ。

ちなみに、長男の反応はイマイチでした・・・

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR