234. RED2のエキシージ

先日、エディックスで長野に行く用意があったので、スタッドレスタイヤに交換したときの出来事。

ホイルナットを緩めた後、よくクロスレンチを勢いよく回してナットを外しますよね。ちょうどそのとき3歳の次男がタイヤの方を覗き込んで頭を近づけたら・・・・次男の頭が回転中のクロスレンチに当たり、頭から血が!!

かなりボタボタ垂れてきて、あわてて救急病院行きました。幸い、表面が切れただけだったので、特に処置の必要もありませんでしたが、皆さん気をつけましょう(^^;)

さてと、ひさしぶりに最近見た映画の中の車についてつぶやいてみたいと思います。

まずはエリジウムから。
4f23906f35_R.jpg
映画の内容はいまいちだったのですが、出てきた車はかなり面白い。2154年の話なのですが、何と主人公はGT-R使ってます。140年落ちくらいです!!クラシックカーなんてもんじゃないですね。確か主人公の仲間の車なのですが、その人もかなりの貧困層のはず。なのに140年前のスーパーカーを乗り回す・・・まあ、いいか。

続いて悪の法則から。
f0136251_11324766_R.jpg
この映画は結構リッチな感じの車がたくさん登場するのですが。やはり印象的だったのはフェラーリ。このFFはまあ普通の使い方だったかな。キャメロン・ディアズが屋根に座ってましたが。フェラーリの屋根に乗るなんて・・・

Ferrari_California_Convertible_R.jpg
黄色が印象的なカリフォルニアも登場。この使われ方が凄い!とても文章で書けるものじゃないのですが、車をこんな風に使った映画はかつてなかったのでは?とにかく衝撃的です。

最後はRED2から。
YAA0579_R.jpg
この映画ではカーチェイスシーンで2SVや911が活躍するのですが、何と言っても凄いのはロータス・エキシージです。

helen-mirren-guns-red-2_R.jpg
予告編にも登場するイ・ビョンホンがエキシージをスピンさせながら、ヘレン・ミレンが銃をぶっ放すというシーンも素晴らしいのですが、この他にも活躍シーンがあります。

これがまた、普通の車ではできない、ポルシェは確実に無理、フェラーリでもたぶんできない、エキシージにしかできないであろう技を披露してくれるんですよ。エリーゼでもできますが(^^;)

こういうその車ならではの必然性を感じさせてくれるカースタントが大好きなんですよね。最高でした。

いや~、映画っていいですね。

そういえばトランスフォーマー4が制作中らしいです。3ではついにフェラーリ458が出てきたので、次はどんな車がトランスフォームするのでしょうか。実に楽しみです。まあ、新型カマロは確実かな。新型NSXとか出て欲しいなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

171. LOOPERのロードスターとアウトローのシボレーシェベル

ようやく長男の水疱瘡も治り、今日から元気に学校に行きました。

休みの間、外に出られなかったので、すっかりゲーマーになってしまいました。サイドワインダーっていう戦闘機のフライトシミュレーション風ゲーム。とーちゃんの10倍うまい・・・くやしい・・・

さて、今回は最近見た2つの映画に出てきた車を紹介。

まずはLOOPERから、NAロードスター

roadster_looper_R.jpg
2040年頃のお話なので、50年落ちくらいの超クラシックカーです。この時代は奥のVitzのようにあやしいソーラーパネルを付けたエコカーばかりなので、ロードスターでもマッスルカー扱いかもしれません。

VitzもFitもモデルチェンジしていないみたいでした。大丈夫か、トヨタとホンダ。

残念ながらロードスターは街を流す程度で、カーチェイスなどの派手な場面はなし。

ちなみにこのロードスターは昔の愛車。色は青でした。

MIATA_LM16_05_R.jpg
こんな色。なつかしいなあ、走り出した瞬間に楽しいと感じるすばらしい車だった。わずかな舵角で長いノーズがくいっと向きを変える感じがわすれられません。CR-Xが「ぐいっ」と曲がる感じなら、ロードスターは「くいっ」と曲がるんですよね。

続いてアウトローから。

まずは主役のシボレー・シェベルSS
33840_JR_11_R.jpg
マッスルカーの中ではマイナーな方ですかね。マニュアルでした。手元の本で調べると3MTらしい。
これも45年落ちくらいですね。LOOPERのロードスターといい勝負。

chevelle_ss_R.jpg
こちらの写真を見ると意外にグラマラスでカッコイイ。

jackreacherchevelle_R.jpg
映画の中ではあっというまにボロボロに。普通のカーチェイスと違うのは、主役のジャック・リーチャーがそんなに運転がうまくないこと。車のシャシー性能のせいもあると思いますが、コーナーはけつすべりすぎで、ぶつかりまくり。実際にトム・クルーズが運転していたせいもあるかもしれません。でも、リアリティがあってなかなかよかったです。

audi_a6_jack_reacher_R.jpg
敵役は毎度おなじみアウディ。A6ですかね。大抵、映画の悪役はドイツ御三家のどれかに乗ってます。明らかにアウディの方がコーナーリング性能が良かったです。

古いカマロも出てきましたが、見せ場あまりなし。

シボレーの次に活躍したのがこのCクラスのクーペ。

benz_jach_reacher_R.jpg
予告編でもバックしながら銃弾を受けまくるシーンがありました。どの車も主人公が手に入れる手段が面白かった。

この形どこかで見たなあと思ったんですが・・・
2011Accord_Coupe_s_R.jpg
アメリカで売ってるアコードのクーペです。最近新型も出ましたが、そっくりすぎて区別できません!順番的にはCクーペよりこっちが先なんじゃないかな。FFとFRの前輪の位置の違いが良くわかる写真ですが、アコードも負けてないなあ。

いつも思うことですが、日本で買えない日本車はみんなカッコイイんですよね。

そうそう、映画は両方ともおもしろかったです。オススメです。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

160. ボンドカー BEST5 (Top Gear ボンドカー・スペシャル)

遅ればせながらCR-Xのタイヤをスタッドレスに変えました。
いや~、乗り心地が良くていいですね~。
ゴーっていうタイヤの音も減って快適です。その代わりヒャーっていう音は増えますが。

土曜日にBSフジのTop Gearで007のボンド・カー スペシャルを放送していました。21:00からだったので息子と一緒に見ました。車大好きな息子ですが、さすがに日本語吹き替えのない字幕放送では内容の理解は難しいらしく、いらいらしていました。ふりがな機能を追加したらどうですかね、漢字の勉強にもなりそう。

さて、肝心の中身ですが、これがかなり秀逸。イギリス人の007への愛着が強く感じられる素晴らしい番組でした。というわけで、個人的に好きなボンドカーBEST5です。

第5位 トヨタ2000GT
5_2000GT_R.jpg
これはサーキットの狼ミュージアムにある2000GTのオープン。有名な話ですが、2000GTは正確にはボンドカーではなく、日本の諜報部の車。ショーン・コネリーが大きすぎて入らないからオープンに改造したって説明がありました。トヨタさんやりますね。もう少し上の順位にしたいところですが、2000GTはオープンより圧倒的にクローズの方がかっこいいので、5位です。イギリスでもこの車のすばらしさは認知されてるんですね。うれしかったです。

第4位 ムスタング・マッハ1
4_Mach1_R.jpg
これもボンドが運転したけどボンドカーじゃないみたい。意外とアメ車が多くてびっくり。その中でもこれはカッコイイ。

第3位 アルフェッタGTV
3_alfetta_GTV_R.jpg
これまたボンドが運転したけどボンドカーじゃないです(^_^;)
しかし、カッコイイですね。このスタイルで後輪駆動、アルファのエンジン!ほとんど完璧な車ですが、修理代が凄いことになると番組で紹介されてました。それにしても、ハッチバック好きにはたまらんなあ・・・

第2位 ロータス・エスプリ
2_Espli_R.jpg
特殊装備的には断トツの1位ですね。子供のころ本当に興奮しました。ロータス社の広報がわざと007のスタッフの目のつくところに駐車してボンドカーの座をつかんだというエピソードもしびれました。そうそう、久しぶりに見たロジャー・ムーアの変わりっぷりもびっくりでした。エスプリを改造して潜水車を作ったところもTop Gearならでは。

第1位 アストンマーチンDBS
1_DBS_R.jpg
DB5や前のヴァンギッシュなどアストンはボンドカーとして何回か登場していますが、こいつの美しさにかなう車はありません。イギリスの誇りです。世界に誇れる映画、キャラクター、車を持つ英国、素敵です。次回作ではそろそろ特殊装置を付けてみたらどうですかねえ。

やっぱ、Top Gearはおもしろいです。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

154. カーチェイス映画!

今日は、長男の持久走大会を応援してから会社に行きました。短距離はまずまず得意な息子も、長距離は苦手な様子。前半ペースを落として、後半のスパートで追い抜く作戦を立てていましたが、スパート不発で真ん中より後の順位でした。でも、とーちゃんの子供のときよりは全然速いぞ。がんばったな。

そして、会社の後はレイトショーで007スカイフォールを見てきました。昔のアストンマーチンDB5が登場するということで話題になっていましたが、思ったほどの活躍はなかったなあ。最近はバイクチェイスの方が多いような気がします。しかも、アジアや中東ばっかり。

007_skyfall_DB5_R.jpg
とはいっても、DB5登場のシーンと音楽はしびれましたねえ。でも、DB5である必然性がほとんどないんですよね。

というわけで、私がその車である必然性を強く感じる大好きなカーチェイスシーンを幾つか紹介!

begins_Tumbler_R.jpg
バットマンビギンズのタンブラー。なんてったってこのデザインです。そしてこいつは車と言うよりスピードが出る戦車。この形が本当に走っているんだから感動ものです。片持ちでいかにも柔らかそうなフロントタイヤが大活躍です。

identity_mini_R.jpg
ボーンアイデンティティのミニ。昔のミニ、しかももともとぼろいってとこがいい。車体の小ささを最大限利用して最高のカーチェイスを披露します。ボーンが一生懸命マニュアルシフトを操作して、車の能力を最大限発揮している感じもよい。サイドターンもところどころで披露、FF車の方がカーチェイスでは様になったりして。意外と車は最後まで壊れずに切りぬけます。

tuareg_bourne_ultimatum_R.jpg
ボーンアルティメイタムのトゥアレグ。ボーンシリーズは全て優れたカーチェイスシーンがありますが、最後の敵はこの悪役が似合わなそうなトゥアレグでした。ボーンが操るアメ車のパトカーより明らかに丈夫そうなのに、最後は2台が道路の壁に激突して、悪役の方だけやられちゃうんですよね。ボーンは上手にシートベルトを使って耐えてました。シートベルトって大切ですね!パワフルな大型SUVは悪役カーに最適です。

007_dbs_159_R.jpg
007慰めの報酬のアストンマーチンDBSとアルファロメオ159。最初のアストンマーチンの登場のあまりのかっこよさにくらくらしました。そして、あっというまに惜しげもなくどんどんぼろぼろになっていくDBS。最後の方は未舗装路に突入してドリドリしまくり。わかってますね。そして、このシーンを盛り上げているのが黒の159! すさまじい悪役顔です!目つきが怖い。しかしDBSに付いていくって凄い。後でわかるんですが、このときアストンのトランクには悪い人が縛られて入ってます。よく生きてたなあ・・・

あ、言い忘れましたが、007スカイフォールはとても面白かったです。登場するキャラクターが全て魅力的。次回作も楽しみですね(^-^)

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

108. ダークナイトライジングとアベンジャーズとプロメテウス

実は私の数少ない趣味に読書と映画鑑賞があるのですが、どちらも子供が出来てからほとんど時間がとれませんでした。

最近たまたま、仕事が早く終わる日があったので、家族にこっそり(ばれると怒られる~)レイトショーを見てきたのですが、どれも素晴らしい映画だったので、簡単に感想を残しておこうと思います。むりやり車ネタも。

1、ダークナイトライジング

前作に及ばないといろいろなところで書かれていますが、私は大満足。あの素晴らしい終わり方、最高です。

tumbler_meisai_R.jpg
私の大好きなタンブラー。再登場はうれしいのですが、まさかこういう扱いとは・・・結構たくさん作ってたのね。タイヤ狙いなさい!

bat-pod_R.jpg
これまた再登場のバットポッド。いきなりこれを乗りこなすなんて、キャットウーマンぱねえ・・・武器強力すぎ。こんな凄い兵器があるのに、殴り合いで戦うんですよね。

the_bat_R.jpg
ザ・バット。デザインセンスあるなあ。ストーリーへの絡ませ方も見事でした。バットマンのメカは黒すぎて劇中で良く形がわかりませんが、後からじっくり見るととても素敵な形。

2、アベンジャーズ

これまた文句なしにおもしろい。きちんと全員の見せ場があるところが凄い。緑色さん強すぎ。

とんでも空母も戦闘機みたいなのもかっこいいのですが、やはりこれですね。

avengers_nsx_R.jpg
次期NSXっぽい車のオープンカーです。ディテールの作りがちょっと甘いですねえ。映画の中ではよく確認できませんでしたが。

avengers_acura_R.jpg
他にもアキュラ軍団出動です。やっぱりTLかっちょええ。左はRDX。もう少しカースタント的な場面があっても良かったなあ。他の関連映画では超レアカーZDXも出ていたようです。

3、プロメテウス

さっき見てきたばっかりなのですが。いや~、最高でした。予備知識0で見たので、ああそういうことだったのね、が味わえてうれしかったです。原作なしSFは先が全く読めないので、本当に楽しめます。またSFが読みたくなってきました。一番びっくりしたのはシャーリーズ・セロンの扱い。え~、それでいいの??って感じです。いい意味で。

調査団のおバカぶりが少し残念でしたけど。未知の惑星に着いたばかりであんな子供みたいな行動取るなんて。しかも全員。そんなに死にたいんか?

自動車類は普通のデザインでしたが、宇宙船はなかなか。
prometheus_ship_R.jpg
しかし、機能的にはいろいろいいたいことがありますぞ。
・まず小さすぎないか?いろいろ燃料とか食糧とか居住スペースとかあるだろうに。
・宇宙船内に重力があるぞ。80年後くらいの話なのに、すごすぎる。スターウォーズくらい違う世界の話じゃないと納得できないなあ。
・武器なしとはアメリカらしくないぞ。アメリカの船と決めつけてますが。そのおかけで、数少ない常識人の3人があんなことに。

リアル系のSFはどうしても細かいところが気になっちゃうんですよね。

いろいろ言ってますが、どの映画も続編超希望です。2つは確実にありそうですが。

中学生のころ、英語の女の先生が良く言っていたのを思い出します。
「映画はすばらしい。みなさんも土曜ワイド劇場を見るくらいなら、映画を見てください」と。
人生を豊かにします、みたいなことを言っていたと思います。一時期、一週間に映画を3本見るというノルマを自分に課していたことがあったんですよね。もちろんレンタルですけど。

いや~、映画っていいですね。

テーマ : 日記
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR