FC2ブログ

403. LA旅行その2 プレーンズ・オブ・フェイム

2日目はまずLAから車で一時間の航空機博物館プレーンズ・オブ・フェームへ。
次男憧れの第2次大戦機メインの巨大な博物館です。

191013-015510_R.jpg
この日からはレンタカーで移動。ラージクラスのセダンを要望、やってきたのはこのホンダ・アコード(旧型)。最新安全装備はないものの、静かで乗り心地良く、パワーもあり使いやすい良い車でした。JADEの後席に慣れている子ども達には、リクライニングしない、席が独立していないと不評でしたが・・・

アメリカでの運転は久しぶりでしたが、ナビさえあれば大丈夫ですね。知らない場所を運転するのは本当に楽しいです。

191013-020023_R.jpg
ここからしばらくマニアックな解説が続きます。カーチス・P-40です。零戦のやられ役のイメージあります。液冷エンジンでシャークマウスのノーズアートが良く似合ってます。欧米機らしく機関銃が6門も並んでます。

191013-020128_R.jpg
太平洋戦線の図。しかしこんな広大な地域で大国アメリカと戦ったって・・・

191013-020618_R.jpg
展示は屋外にもあります。大抵ぼろいけど。これはF7Fタイガーキャット。珍しい双発の艦上戦闘機です。今回の旅でグラマン・キャットシリーズたくさん見れました。

191013-020812_R.jpg
191013-020755_R.jpg
そうっくりさん2機です。上はF-8 クルセーダー。エリア88も風間真の機体として日本では有名(?)。こんな渋い機体を主役機に偉ぶって凄いセンスですよね。
下はF-8をベースに作られたA-7 コルセアⅡ。

191013-020840_R.jpg
A-4スカイホーク。これまたエリア88で大活躍。何か違うなと思ったら背中のコブがないですね。

191013-021149_R.jpg
世界中どこにでもあるF-104スターファイター。これもエリア88機。前にも書きましたが第2次大戦後わずか10年でマッハ2に到達するなんて、凄すぎ。

191013-021723_R.jpg
さりげなく凄いの置いてあります。超音速実験機X-2です。たぶんレプリカ。

191013-021817_R.jpg
山本五十六搭乗の一式陸攻を撃墜したP-38ライトニング。めざしと呼ばれた双発機です。ドイツでは双発の悪魔というカッチョイイあだ名が付いてます。この1機だけの専用の建屋に入ってます。なぜかここは日本軍関係の展示物が多い。

191013-022236_R.jpg
Mig-21。たぶん。エリア88の適役で有名。

191013-024245_R.jpg
飛行機の展示だけでなく、図書室やプラモ室もあります。どちらも世界中から収集しているようでなかなかのコレクション。次男はこの日、零戦のTシャツを着ていたこともあり、係のおじさんに良く声を掛けられました。クイズ出されたり(息子にとっては簡単!)、日本機の発音を教えたりと、なかなか楽しかったです。

191013-024830_R.jpg
ドイツのフォッケウルフFw-190。BMWの空冷エンジン積んでます。そして上にあるのは日本の特攻兵器、ロケットエンジンの桜花です。そう、この博物館の最大の特徴は日本機がたくさんあることなんです!

191013-025105_R.jpg
艦上爆撃機の彗星です。世界で2機しか残ってません。もう1機は靖国神社にあります。液冷エンジンだったが、当時の日本ではエンジンの生産が追いつかず、途中から空冷エンジンに変わったという悲しい歴史があります。靖国は液冷、こっちは空冷。

191013-025138_R.jpg
ロケット局地戦闘機の秋水。大戦中にジェットだけでなくロケット戦闘機まで作ってたなんて凄い。

191013-025539_R.jpg
零戦52型。なんとオリジナルの栄エンジンを搭載し飛行可能な世界で唯一の機体です。すごっ。日本と違いかなりぎりぎりまで寄って観察できます。

191013-025423_R.jpg
おそらくこの博物館最大の目玉、局地戦闘機雷電です!名前もスタイルもカッコイイ。日本らしくなくちょっとおデブな機体なのですが、全体的に流線型で美しい。もう少し広いところで展示して欲しい。雷のペイントも素敵。胴体が太いので操縦席がもの凄く広いです。

本当は真珠湾で活躍した99式艦上爆撃機もあるのですが、今は修復中ということで見れず。残念。

再び日本以外の機体です。
191013-025217_R.jpg
ドイツのBa-349(レプリカ)。ロケットエンジン、機体は木製、機首にロケットだ弾という変態を極めたような機体。特攻しないだけ、日本よりマシですかね。

191013-025719_R.jpg
世界初の実用ロケット戦闘機、メッサーシュミットMe163(レプリカ)
)。先に紹介した秋水のベースとされた機体です。ちなみに博物館のおじさんにこれと秋水の違いは何?というクイズを出されましたが、次男にとっては超簡単。正解はMw163は機首に発電用の小さなプロペラがある、です。

191013-025748_R_20191103170624dd7.jpg
メッサーシュミットBf109かと思ったら超レアもののHe100でした。数機しか作られていない高速試作機。凄い。

191013-025732_R.jpg
ジェットエンジンを背中に積んだHe162。Me262が素晴らしいグッドデザインなので、はっきり言ってカッコ悪いですが、そこがまた魅力的。

191013-030525_R.jpg
飛行準備をしている?マスタング。かなりの頻度で飛行展示しているようです。

191013-030654_R.jpg
バブルキャノピーじゃないマスタング。これだけでかなり古めかしい機体に見えてしまいます。

191013-030713_R.jpg
戦闘機とは思えぬほど巨大なP-47サンダーボルト。5tもあります。

191013-030847_R.jpg
何かわからなかったので、後で調べたらライアンFR-1ファイアボールという珍しい飛行機でした。レシプロとジェットのハイブリットだって。ジェット要素が良くわからないなあ。

191013-031654_R.jpg
中に入れる機体もあります。これはB-17爆撃機。

191013-032030_R.jpg
同じくB-17の機関銃ポッド。あの小さい球体に人が入って銃撃します。超つらそう・・・

この他にもまだまだ珍しい機体があるのですが、この辺にしておきます。
スポンサーサイト



プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR