FC2ブログ

378. 山形スーパーカーミーティング2018@みはらしの丘 & 蔵王御釜

恒例の山形スーパーカーミーティングに行ってきました。とーちゃんと長男で。昨年は用事があって行けなかったので2年ぶりです。

180923-114736_R.jpg
いきなり512BBがお出迎え・・・

180923-114827_R.jpg
と思ったら少しお尻が短い365BBでした。よりレアなのでうれしい。

180923-115050_R.jpg
今年も来ていました強烈なNSX。このリトラ大好きです。ライトあげてもカッコイイ。

180923-115127_R.jpg
変わり種も。こういう車もあった方が楽しいですね。

180923-115242_R.jpg
もっとも美しいレーシングフェラーリと言われるP4のレプリカ。イギリス製です。本当に美しい。

180923-120326_R.jpg
低すぎ~。いろいろ凝ったデザインですね。

180923-121456_R.jpg
後ろも凄い。縦長のリアウィンドウ、リアタイヤ後ろのスリット、フェンダーからつながるリアウィングなど見所豊富です。

180923-115349_R.jpg
カリフォルニア後継のポルトフィーノ。相当いけてるんじゃないでしょうか。一応エントリーモデルかな?

180923-115452_R.jpg
カウンタックの初期型。後期の付加物がないのでとてもすっきりしたデザインです。美しい。ちなみにカウンタックという呼び名は正しくないと言うことで、パンフレットはすべてクンタッチと表記されてました。ふむふむ。

180923-115620_R.jpg
今回の目玉、そのクンタッチのコンセプトモデルです。詳しい情報は現地で買ったパンフレットに書いてあったのですが、なくしてしまった~。

180923-115656_R.jpg
LP400より更にすっきりしたデザインですが、基本形状は同じですね。本当にきれいですわ。

180923-115904_R.jpg
後期軍団。相当印象違いますね。

180923-121112_R.jpg
最も注目浴びていたカウンタック。なんとスバル・サンバーがベースとのこと。見るとみんな幸せな気持ちになります(^^)

180923-120011_R.jpg
ヘッドライトのカバーありなしディーノ。ない方を見慣れているので、カバーありが新鮮。

180923-120901_R.jpg
とてもきれいなミウラ。ミッドシップに見えないですね。

180923-121001_R.jpg
低い、低すぎます。車高調整機能とかついているんだろうか。

180923-120545_R.jpg
新型ジュリアも登場。ナンバープレートのことを全く考えてないフロントのデザインが凄い。ヨーロッパ仕様でも置き場所ないでしょうね(^_^;

180923-121820_R.jpg
良い組み合わせですね。ルノー5ターボとアルピーヌA310のV6かな。

180923-121931_R.jpg
いいですね。小ささと塊感がたまらない。

180923-122108_R.jpg
ポルシェ924。昔はそれほど好きではありませんでしたが、今見るとなんとも味わい深いデザイン。

180923-124515_R.jpg
駐車場から1台。会場にいるべき車ですね。

180923-124725_R.jpg
我が家のJADE。長距離も疲れずに運転できる良い車です。となりのマツダ魂動デザインと比べても負けていないような気が・・・

180923-143120_R.jpg
早めに会場を後にしたので、蔵王山の御釜に行ってきました。駐車場付近は大渋滞。人気スポットなんですね。

180923-143134_R.jpg
15年ぶりくらいの再訪です。半袖だったので寒かった。

180923-144724_R.jpg
歩いて行ける場所が結構たくさんあるので、本気で散策すると結構疲れます。

180923-145957_R.jpg
至る所に石が積み重ねられています。何か意味かあるのでしょうか。息子もチャレンジ!

180923-151225_R.jpg
7段重ねに成功! なかなかですね。

180923-152307_R.jpg
最終的には9コ!このためだけにまた来たいと行ってました。見ているこっちは寒くて死にそう・・・

最後に気がついたのですが、ここは山形ではなく宮城だったんですね。どちらも楽しかったです。
スポンサーサイト

377. トヨタ、日産ショールーム

出張や家族旅行のついでに立ち寄ったトヨタとニッサンのショールームのご紹介。

180808-120009_R.jpg
まずはトヨタのお膝元、名古屋駅ミッドランドスクエアから。おしゃれすぎて田舎者は緊張してしまいます。

180808-120119_R.jpg
メッセージだらけのレクサスLC。リアボディのセクシーさは本当にすばらしい。

180808-120158_R.jpg
気品ありすぎセンチュリー。

180808-120538_R.jpg
歴史は長いがまだ3代目。時代の流れでしょうがありませんが、やはり国産唯一のV12がなくなったのは悲しい。

180808-120913_R.jpg
なんか、凄くカッコイイぞ。カローラ、スポーツ。スポーツモデルが欲しいところ。

180808-121112_R.jpg
超長寿モデルのエスティマ。しかしデザイン的には最近のミニバンよりまだまだ進んでいる。内外装とも魅力的。アイアンマン感が凄いです(^_^;

180816-141330_R.jpg
お次は横浜の日産本社ショールーム。このコンセプトカー、今思えばLEAFだったのかな?

180816-141430_R.jpg
フォーミュラE。なかなか未来的なデザインです。

ちなみにここは近くの原鉄道模型博物館に行ったついでに寄りました。
180816-112054_R.jpg
息子のSL趣味につきあううちにだいぶとーちゃんも詳しくなってきました。

180816-114116_R.jpg
この日はなんと本物のトーマス(撮影に使われたという意味ですが)が走ってました!CGになる前の味のある時代です。昔のトーマスは機関車の性格の悪さや、過激な事故などややブラック気味だったので、面白かったなあ。

180816-155203_R.jpg
お次はお台場のトヨタ・メガWEB。10年ぶりくらいです。スープラのコンセプトカー。もうすぐですね。

180816-160905_R.jpg
シビックとセリカのラリーカー。セリカのカクカクデザインいいですね。

180816-161233_R.jpg
おお、デザイン的にも素晴らしいです。MR2幻のWRCカー。縦につながったライトとオバフェンっぷりが素敵。気に入りました。

180816-162648_R.jpg
おなじみ2000GTの速度記録挑戦車。いろんなところで見るような気が・・・

180816-163829_R.jpg
屋外のさみしいところに展示されていたスカイラインGT-R。このデザインでリニューアルしたら・・・というのはよく聞く話。

180816-163839_R.jpg
ブルーバード。博物館展示あるあるですが、これも車高が高くてカッコわるい。下げるととてもカッコイイ車なんですけどね。

180816-165004_R.jpg
車高は低いが、タイヤがとっても奥まっているポルシェ356。こうしてみると後ろにエンジンがあるとは思えないデザインですね。

180816-165024_R.jpg
次男大好きディーノ。車にあまり興味ない次男はこれでけ見れればOK。

180816-165104_R.jpg
コルベット。このデザインは凄い。

180816-165409_R.jpg
モータースポーツ車両もたくさん。これはなかなかのデザインですね。

180816-165421_R.jpg
みんな大好きスープラ。トヨタは頑張ってスポーツカーたくさん作り続けてますよね。

180816-165945_R.jpg
次男大好きロンドンの2階建てバスのカフェがあったのでここで一休み。クリームソーダを頼みましたが、クオリティが・・・

180816-185848_R.jpg
帰りは新橋で乗り継ぎだったので、恒例のC11見学。もしかして日本一人に見られてるSLか?

以上、夏休みの出来事でした。

376. 河口湖自動車博物館

夏休みの終わりの頃、子供二人ととーちゃんで青春18切符を使い河口湖自動車博物館へ行ってきました。

180815-124814_R.jpg
鈍行のみののんびり旅です。だんだん子供も長旅にも耐えられるようになってきました。途中の大月駅の富士山ビュー特急。なかなかのグッドデザイン。乗ってませんが・・・

180815-134310_R.jpg
5時間ちょい掛けてようやく河口湖駅へ到着。昼食をと思い駅前を見渡しましたが、行列ができているほうとう屋さんしかありません・・・ 座れない列車が多かったのでとても疲れていたのですが、がんばって並びました。

おっ、頑張ったかいがあって非常に美味しい!大満足です。次男が食べているのはマンゴーかき氷。これまた本物のマンゴー満載でとても美味しかったです。

180815-142208_R.jpg
贅沢にタクシーを使って河口湖自動車博物館へGO! 近いと思ったら3,000円も取られました(T_T) せっかく18切符で貧乏旅行してるのに。どこに行ってもよく見るF-104がお出迎え。8月しか開いていない幻の博物館です!

しかし、自動車博物館も航空機博物館もスマホでの撮影はOKなものの、SNSにUPは禁止です!というわけで写真はなし。博物館の人に聞いたら、自撮り棒だの三脚だのが展示物に対して危険だから禁止なのではとのこと。

ちなみに自動車博物館の見所は、

1,世界に10台と言われるチゼータV16T。16気筒横置きの凄いやつです。一部の説ではカウンタックの正当な後継車ではないかとも。

2,ランチャ・ラリー。なんとあのWRCの名車ランチャ・ラリーがあります。後ろ向きに展示されているので前が見えない・・・

3,275GTB, 330GT 2+2といった古くてレアなフェラーリ

この他にもブガッティ・クーペ・アトランティークもらしき車もあるのだが、本物なのだろうか。だとしたらとんでもない価値だが・・・

クラシックカーから定番のスーパーカーまで揃っており、なかなかのラインナップです。

航空機館には隼があります。零戦もたくさん。

180815-145827_R.jpg
ラッキーなことに次男が大好きなSLも外に展示してありました。ドイツ製だが型式まではわからない。おもちゃみたいなデザインです。

公共機関で駅まで戻るにはバスしかないのですが、非常に本数が少ないです。実は、うっかりバスを乗り過ごしてしまい、閉館後1時間以上待たなければならないというピンチに陥ったのですが、親切な博物館の人が駅まで送ってくれました。ありがとうございます!!

というわけで写真がほぼない報告でした。

375. みなかみ町、足尾銅山、栃木蔵の街サマーフェスタ

この夏の家族イベントなど。

180728-165619_R.jpg
7月の終わりに群馬県みなかみ町の貸別荘へ。2度目の宿泊です。土間、露天風呂、川遊び可とすばらしい宿です。
家族4人と老犬でやってきました。

JADE、かっこいいんですけどね・・・売れてない車のネタに良くされてます・・・。

180728-165712_R.jpg
目も見えず耳も聞こえず、最近は足腰もすっかり弱ってきた我が家の犬ですが、この宿ではとても元気でした。その様子を見るだけで来てよかった~(^^)

180728-170855_R.jpg
露天風呂から直接アクセスできる川。溺れるような川ではありませんが、結構冒険気分を味わえます。

180728-171104_R.jpg
涼しさ、音、景色と素晴らしい場所です。

180728-171713_R.jpg
岩はすべりやすいので要注意。

180728-174614_R.jpg
くつろぐ老犬。長生きして欲しい。

180728-175638_R.jpg
うーん、やはりカッコイイなあ。確かに広くはないんですけどね。でも私はスタイル優先の車が好きなもので・・・(^_^;

180729-122548_R.jpg
近くにホテルSL(今は違う名前)があり、そこのD51を見学。少し前まで圧縮空気で動いていたそうです。さらに昔は客車で宿泊できたとのこと。除煙板の形がカッコイイ。

180729-124416_R.jpg
お隣にある川場村歴史民俗資料館。昔の小学校の校舎を使ってます。目の前は広大な芝生で、犬のゆっくり散歩にぴったりでした。

180730-145657_R.jpg
いきなりホラーな写真ですみません。ところ変わって栃木県の足尾銅山観光です。長年栃木に暮らしていますが、今回が初めてです。

180730-150208_R.jpg
江戸時代の初期に発見された銅山ですが、一度ほぼ閉山状態になり、その後機械の発達で一気に採掘量が増えたという歴史があったんですね。初めて知りました。

180730-153653_R.jpg
トロッコ電車もあります。昔の銅貨の作り方なども知ることができとてもお勉強になります。全体的にあまりお手入れが行き届いていないので、そこがちょっと残念。お土産売り場や食堂もかなり凄いです・・・

180730-162043_R.jpg
足尾銅山観光に来て一番感じること、それは我々がイメージする環境破壊についてほとんど言及されていないことです。というわけで、近くにそれが分かるような施設がないか探したところ、足尾環境学習センターというところがあったので行くことにしました。途中、昔の精錬所などがあり見応えたっぷりです。

180730-163454_R.jpg
途中やけに山に階段が多いなと思っていたのですが、植林のあとだったんですね。

180730-164040_R.jpg
足尾銅親水公園の敷地内に学習センターがあります。少し閉館時間を過ぎて到着してしまったのですが、親切な説明員の方が詳しく解説してくれました。銅山観光では知ることのできない環境破壊の歴史や今もそれは終わっていないことを教えていただきました。銅山観光の際にはセットでこちらも訪問することを強くお勧めします。

この学習センターの先の道は車では入れず徒歩のみ可なのですが、そこまで行けば亜硫酸ガスによる山林の荒廃の様子が見れるそうです。

180805-145120_R.jpg
さて、8/5に毎年恒例の栃木市の蔵の街サマーフェスタのスーパーカーパレードに行ってきました。すでにフェラーリ、ランボルギーニに次ぐポジションを得た感のあるマクラーレン。しかし車名が全く覚えられません・・・(^_^;

180805-145341_R.jpg
488が増えたおかげで逆に貴重な感じがしてきた458です。NAエンジンですしね。将来お宝フェラーリになるのでは。

180805-145552_R.jpg
F50も登場。エンジンがボディの剛結のすごいやつ。

180805-145619_R.jpg
ギャラリーのびっくり度合いNo.1のゾンダ。かなりオリジナル性の高い個体じゃないかな。

180805-145840_R.jpg
これもあっというまに数が増えたウラカン。モディファイされてないランボを見ると落ち着く・・・(^_^;

180805-145920_R.jpg
このマクラーレンも車名がわからない。後から調べてもわからない。570S? 540C?

180805-150037_R.jpg
おなじみカウンタック。酷暑の中ごくろうさまです。エアコン付いているのでしょうか。この日も体感温度40℃くらいではないかという猛烈な暑さでした。展示時間は30分なのですが、それさえ耐えられず終了前に車に戻ってしまいました。

374. アウディ博物館 @インゴルシュタット

運のいいことにドイツでの訪問先にインゴルシュタットの会社はありました。そう、インゴルシュタットと言えばアウディです。

もちろん隙を見つけてアウディ博物館に行ってきました!はっきり言ってドイツ御三家の博物館の中ではかなり地味です。

180604-200643_R.jpg
アウディは複雑な歴史を持つ会社なので、ご先祖さまがたくさんいます。クラシックカー、たくさん展示してあるのですがいつものように省略です(^_^;

180604-200901_R.jpg
この4つが統合されてアウディになったのかな?詳しくは理解できてません。

180604-201329_R.jpg
博物館から見るアウディの工場。

180604-201641_R.jpg
ドイツの自動車会社の歴史を示す面白いディスプレイ。昔はこれだけたくさんのメーカーがあったんですね。1つずつ消えていく演出がなんとも感慨深い。

180604-201654_R.jpg
アウト・ウニオン時代の強烈なレーシングカー。6L、V16!、520psです。1939年製ですよ!後ろのタイヤがダブルです。

180604-201814_R.jpg
同じ車の上屋違いらしい。なんと400km/h出ます!ひえ~。

180604-202156_R.jpg
ルマン系のレーシングカー。非常に凝ったディスプレイで、回転寿司が縦になったようなレイアウト。とっても見づらいです(^_^;

180604-202343_R.jpg
前身の1つHorchのスペシャルなリムジン。お偉いさん用の特別車両をアメリカの人が購入して、紆余曲折あって最近ここにやってきたとのこと。1953年製です。

180604-202413_R.jpg
か、かわいい!アウトウニオンのDKWブランドのバンです。おそらくFFです。低床FFバンの先駆者なのか?

180604-202605_R.jpg
アウトウニオン・アウディ100。ややこしいですが、車名がアウディなんですね。これが今のアウディのルーツらしい。このときからエンジン縦置きのFFです。ほほう。

180604-202834_R.jpg
アウディ50です。VWポロの兄弟車。この頃はまだザ大衆車って感じですね。

180604-203100_R.jpg
おなじみ世界初のフルタイム四駆のスポーツカー、アウディ・クワトロです。オーラあります。

180604-203122_R.jpg
おおっ、アウディ・クワトロの凄いバージョン、スポーツ・クワトロです。5気筒2.1Lで306ps。1984年当時最もパワーがあったドイツ車と書いてありました。

180604-203156_R.jpg
クアトロから320mmもホイルベースを短くしたので、かなり特異なバランスになってます。CR-Xより75mmも短いです。

180604-203645_R.jpg
さらに凄い板。パイクスピーク用のスポーツ・クワトロ・S1です。2.1Lで600ps! 11分を切った初めての車だそうです。今は8分切るんですよね・・・

180604-203611_R.jpg
斜め後ろから。カッコイイかと言われると・・・

180604-203742_R.jpg
アウディ90クワトロ。アメリカのIMSAというレース用の車です。5気筒2.2Lで720psです。

180604-204030_R.jpg
アウトウニオン・1000Spです。アメリカンな感じですが、エンジンがグッとコンパクトで3気筒1Lの2ストです。

180604-204056_R.jpg
アウディ・72です。地味ですがなかなか美しい2ドアセダンです。お得意の縦置きFFです。

180604-204950_R.jpg
100クーペ。腰高なスタイルがいかにも70年代くらいの国産車クーペってかんじです。

180604-202450_R.jpg
アウトウニオン1000S。サーブやスバル360の航空機系デザインですね。これも3気筒2スト。

180604-202558_R.jpg
NSU Ro80。ご存じロータリー搭載の伝説の車です。ヨーロッパの自動車博物館ではよく見ます。写真ではわかりにくいですが、リアタイヤの位置がかなり後ろでちょっと変わったスタイルです。

180604-205110_R.jpg
100アヴァント。ワゴンというより5ドアハッチですが、独特の雰囲気あります。アウディ躍進の原動力になったモデルとのこと。

180604-210345_R.jpg
博物館のとなりのショールームは、試乗もできます。工場直結なので、できたばかりの車をここで受け取って帰る人もいます。みんな幸せそう。そりゃアウディですからね。

派手なスポーツカーとかあまりないのでベンツやポルシェ、BMWの博物館に比べると一般受けはしませんが、なかなか見れない渋い車だらけなので私はとっても楽しめました。
プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR