366. フランス・リヨン きれいな街とTGVトラブル

仕事でフランスのリヨンに行ってきました。仕事帰りにプチ観光。日が長いので助かります。

180530-233155_R.jpg
フルヴィエールの丘にあるノートルダム大聖堂 。あいにくの雨。どうもこの手の建物は大きさと装飾の豪華さで判断してしまうので、どちらかというと地味な部類かな。

180530-233614_R2.jpg
とはいえ中はこの美しさ。もちろん現役バリバリです。

180530-234121_R.jpg
丘の上にあるので街を見下ろす景色も素敵です。晴れてたらなあ・・・

180530-235728_R.jpg
近くにあるローマ劇場。なかなかの風情。

180531-001723_R2.jpg
丘から続く旧市街。とんでもない急勾配です。転んだら止まれません。この辺すべて世界遺産とのこと。しかし、暮らしている人は大変だろうな。でも雰囲気抜群です。

180530-234034_R.jpg
大聖堂の駐車場で見たEGシビック。この型は日本よりヨーロッパの方が見るのではないだろうか。カッコイイですからねえ。

180531-000018_R.jpg
なかなかヨーロッパでは見ないCR-Z。しかもマイチェン後ですね。しかし、いつ見ても素晴らしい縦列駐車テクニック。

180531-002847_R.jpg
謎の電気自動車。なんとピニンファリーナデザイン。ピニンファリーナにしては・・・おそらくリヨン市が取り組んでいるサービスだと思います。

180530-140711_R.jpg
リヨン駅前の風景。次の目的地であるベルギーのブリュッセルへの移動には航空機ではなく、あえてTGVを選択。直行便があったのと、この時期のヨーロッパは日が長いので夕方の車窓の風景も楽しめるかなと思って。予約した後で、現地の人にストが多いから電車はやめた方が言われました。確かにストの予定を見せてもらったらなんと月の半分がスト予定でした。恐るべしフランス!しかし、たまたまこの日はストの予定はなし、安心して駅に向かいました・・・

180531-064634_R.jpg
ところがこれが大失敗!まず、出発が1時間半も遅れました。その発着ホームのアナウンスがあったのは出発のわずか5分前!
そして、いくつかの便が運休になったらしく、その運休便の乗客も乗り込んで室内はカオス状態!指定席を取ったのにそこに座れないというひどい仕打ち・・・

更に、途中の駅で乗客が大量下車。たくさん降りる駅だな~と思っていたら、お前も降りろと言われました・・・真夜中近くにどこかも良くわからない駅で降ろされました。ベルギー国境近くの駅でした。そこからバスでブリュッセルまで行けと・・・まだ100km以上あるんですけど~(T_T)

180531-064713_R.jpg
結構歩かされてようやくバスに乗車。何が起こっているかさっぱりわからなかったので、一度乗客の流れから離れたらたぶんバスに乗れなかったと思います。結局なぜTGVを降ろされたのかよく分からなかったのです。数日前にベルギーのリエージュであったテロの影響なのか、ストの影響で日付が変わったらもう働かないということになったのか・・・

ホテルに着いたのはAM1時をだいぶ過ぎたころ、、、疲れましたが、貴重な経験でした。でももうTGVは使わないかも・・・
スポンサーサイト

365. 小ネタ集

最近の出来事を幾つか。

180430-173806_R_20180612235131deb.jpg
家族で温泉に行ったついでに鬼怒川温泉駅でSL大樹を見学。除煙板に鳳凰のマークが。次男が熱心に見つめていたらカードくれました。ありがとう!

180430-113023_R_201806122351292c5.jpg
次男の自転車がボロボロかつ小さくなってきたので買い換えようか考え中。幼児用自転車のかごやどろよけをどんどん外していったら、結構かっこよい自転車になりました!というわけで継続して乗り続けることに!よかった・・のか?

180505-164512_R_201806122351348e0.jpg
真岡の釣り堀。適度に難しく、魚も小さいので、釣った魚を買い上げてもそんなにお金掛からず良い。ちなみに、白河の某釣り堀に行ったら入れ食いで10分も経たないうちに大漁、なんと1万円も取られました・・・(T_T)

180501-145114_R_20180612235133956.jpg
恒例の長期CR-X修理。代車はかなり前のタント。これがすこぶる使い勝手がよい。ターボ付きなので加速も悪くない、室内の広さやモノを置くスペースがたくさんあるところに感動。(軽なら当たり前ですが) 丁寧に運転しないときれいに曲がってくれないところもまた楽しい。

180426-210654_R_201806122351287e6.jpg
某映画館の地下駐車場に私の好きな軽が2台。N-oneとEsse。似てますね。ちなみに、この日会社の同僚と映画館でばったり。二人とも広瀬すずの映画を見に来ていたという・・・おっさん二人気まずかったです(^_^;

180430-150641_R_20180612235130f98.jpg
久しぶりに我が家の老犬を連れて霧降高原に。JADEの3rd席をたたむと犬もゆっくり休める広大なスペースができるのでとてもいいです。やっぱカッコイイなJADE。

180512-133334_R_20180613001358326.jpg
近くの三和テッキ鉄道広場でミニSLに乗車。小さくても本物の蒸気機関車。音も匂いも良い感じ。

しかし、少し前に買ったWindows10のパソコンが遅い!死ぬほど遅い!なぜなんだろう。裏で何か重たいプログラムでも動いているのだろうか?

ではまた!

364. インド訪問記 デリー、プネ、バンガロール

4月に仕事でインドに行ってきました。初インドです。

デリー、プネ、バンガロールの3都市を訪問しました。簡単に紹介します。

ゆっくり観光する時間はなかったので、タクシーの中からの写真が多いです。

180416-223010_R.jpg
まずはデリーから。インド門の近くの政府関係の建物。ライトアップされていてきれいでした。タクシーの運転手さんがいろいろ解説してくれましたが、インド英語が難しくて・・・

180416-223321_R.jpg
遠くに見えるのがインド門です。ホテルの近くだったので、見に行こうかと思ったのですが、やめた方がよいと言われて行きませんでした。少し前に暴動があったので。

気温は40℃くらいあったのですが、日本の40℃よりはかなり快適でした。空は中国よりきれいですが、匂いはやはり気になりますね。

180417-000801_R.jpg
夕食は当然カレー。Motiという店で食べました。とても美味しかったです。宇都宮にもMotiというインド料理屋さんありますよね。関係あるんでしょうか。ちなみに私の知り合いのインドの人は宇都宮で一番美味しいインド料理屋はMotiだと言ってました。

店にはタクシーで行ったのですが、軽自動車サイズの車に6人乗せられました(^_^; 一人は助手席なので、後部座席に5人です!貴重な体験でした。

180417-115242_R.jpg
郊外は建設中のビルが多い。しかも個性的なデザイン多し。完成する前から売れるそうです。

180417-161523_R.jpg
これは企業のビルかな。

180417-161633_R.jpg
なんとなく崩れそうで怖く感じるのは気のせいでしょか。

180417-162624_R.jpg
30万円しない驚異の車、タタ・ナノです。縦横比がおかしい感じ。

180417-170711_R.jpg
スイフトの4ドアセダン。インドの人は4ドアセダンが大好きと言うことで、コンパクトハッチにトランクつけた車が多いです。そして、屋根に荷物を載せる車も多い。特に固定していないようですが、大丈夫なんでしょうか・・・

180417-180704_R.jpg
デリーのインディラ・ガンジー空港で食べたベジタリアン用マックのセット。400円くらい。マックベジの中身は完全にコロッケ。ポテトは日本より美味しいくらい。コーヒーは何も言わなくても砂糖が4袋も付いてきました。インドの水はおなかを壊すから気をつけろというのは有名ですが、氷でもやられるということなので、ホットにしました。冷たいのを頼むときは、氷なしで頼むそうです。

180417-184655_R.jpg
空港のトイレ。良くある男女マークではなく、美女とイケメンの写真で判断します。

180417-185423_R.jpg
インドと言えばMURUTI SUZUKI。空港でも存在感あります。

180417-225626_R.jpg
ここからはプネの写真。よくあるバイクの多人数のり。これは4人です。

180418-001832_R.jpg
プネのレストランで夕食。当然カレー。インド滞在中の9割くらいカレー系です。でも全然飽きずにすべて美味しく頂けました。なかでもこの店のバターチキンカレーは激ウマ。人生最高のカレーと言ってもいいくらいです。

180418-102836_R.jpg
SL好きの次男が願いが通じるのか、海外出張先でかなりの確率でSLに出会います。今回はなんとプネのホテルのとなりが鉄道局の建物で、そこにSLが展示されてました!

180418-103913_R.jpg
派手派手です。現役時代からこの装飾なんでしょうか。あとで調べてみよう。

180418-212710_R.jpg
ここからはバンガロールです。IT産業の街ということでいろいろ近代的です。いろんなタクシーに乗ったのですが、特に多いのがこのトヨタ・イノーバ。3列ミニバン市場を独占しているのではないでしょうか。こう見えてラダーフレームです。そういえば、ホンダにもアスコット・イノーバっていう車ありましたね。

180418-215406_R.jpg
これまた凄い造形のビルディング。どの建物も人が住んでいる感じがしません。

180418-233607_R.jpg
バンガロールの街中のDistrict6というお店で夕食。完全にヨーロッパ風の洗練されたお店です。ドイツみたい。お酒に弱い私はレモン風味のビール、ラドラーがお気に入り。

この店に行くときに乗っていたタクシーが道路を逆走!インドでの逆走は有名ですが、まさか体験できるとは!超怖いです(^_^;

180419-200717_R.jpg
これもインド名物、車線無視の超混雑状態。となりの車、ミラーたたんだまま走ってます。信じられません。

駐在の日本人の方が言うには、運転にはもの凄い集中力を要するので1時間でヘトヘトになるそうです。私にはちょっと無理かも・・・

軽く車がぶつかってるシーンも見ましたが、特に何もありませんでした。軽い接触ならOKなのかな。

180419-203105_R.jpg
これも名物ののら牛。飼い主いるらしいです。道路にいるときは牛優先です。

180419-204019_R.jpg
高速道路から見えた変な建物。

180419-231756_R.jpg
ホテルの夕食バイキング。当然カレーメイン。一緒に食事した現地の方がさかんに辛いモノを勧めてくるので、調子に乗ってたべまくり。美味しいんです。基本的にインドの方は激辛を勧めてきます。そいうやりとりが非常に楽しいですね。

インドは香辛料と油でもお腹をやられると聞きますが、確かに油は凄い。今回は太田胃散飲みまくりました。お腹が丈夫でない私でも日本にいるとき以上にお腹の調子が良かったです。

そしてデザートが異常に甘い!美味しいんですけどね。コーヒーが出てこない・・・

180420-163624_R.jpg
ちょっと小さくて見にくいですが、ヘリコプターのタクシーの看板です。3000ルピーで空港からIT産業地帯まで連れて行ってくれます。5000円くらいなので、凄い渋滞を回避できることを考えるとコストパフォーマンス高いです。車で1時間掛かるところを15分で着くそうです。使ってないですけどね。

180421-082842_R.jpg
帰国便はデリー経由だったのですが、国内便が遅れに遅れて、2回も便を変更しました。最終的にバンコク経由で24時間以上掛かって帰国しました。まあ、おかげでバンコク空港に寄れましたけど・・・ インドの空港ではバタバタしていてお土産買えなかったので、バンコクで買いました。インドに行ったのにタイ土産。でも、インドとタイのお土産って似てるんですよね。カレー系、象さんとか。

180421-155342_R.jpg
バンコクからの飛行機は巨大なエアバス。これまたラッキー。サービスも日本の航空会社なみですね。快適でした。

180422-092208_R.jpg
おまけ。インドの2000ルピー札。自慢の人工衛星の絵柄がカッコイイ。左にたくさん書いてあるのが公式の言語です。インドの人曰く、インド人間でも言葉が通じないので共通語としての英語が浸透しているそうです。

あまり書きませんでしたが、やはり身分制度の格差を感じるシーンもたくさんありました。いろんな意味で刺激的な国でした。

363. お台場モータースポーツジャパン2018

先日東京に行った際、たまたま目的地近くのお台場でモータースポーツのイベントをやっていたので見てきました。

滞在時間約15分です(^_^; 気になった車の紹介を。

180414-151720_R.jpg
すっかり見なくなったグランドシビックSi。この低さ、たまりません。我がCR-Xの兄弟車です。

180414-151727_R.jpg
ピアッツァです。ジウジアーロデザイン、後輪駆動のイカすやつ。セミリトラの眠い目が大好きです。しかし、ホイルがちょっと・・・
ボンネットとフロントオーバーハングの長さが凄い。

180414-151742_R.jpg
スタリオン。ブリフェンが素敵。三菱ってかんじですね。

180414-151834_R.jpg
カローラFX。これもなつかしい。すばらしいデザインと4AG。トルクフルなZCに比べ、高回転までまわるシャープなエンジンという印象でした。

180414-151848_R.jpg
カクカクなセリカ。個性的な車が多かったですねえ。

180414-151930_R.jpg
このサイズで後輪駆動という今では考えられないスターレット。

180414-152011_R.jpg
ガゼール??シルビア?ガゼールかな。スカイラインRSと同じエンジンの凄いやつですね。

180414-152201_R.jpg
ミラージュ。MIVECエンジンはVTECの好ライバルでした。ラリー、ジムカーナ、レース等万能選手のイメージです。

180414-152229_R.jpg
プジョー106ラリー? いいデザインですねえ。これくらいのサイスの元気な車がたくさん出て欲しい。

180414-152235_R.jpg
エスコートRSコスワース? このリアウィングたまりません。これとランティスAスペックくらいですね。

180414-152302_R.jpg
おおっ、シビック・タイプRユーロのラリーカーです。シビックの中ではラリーっぽい頑丈そうなデザインなので似合いますね。

180414-152312_R.jpg
これまたなつかしい。ファミリアGT-X? GT-R? GT-A? マツダのモータースポーツイメージもかなりなくなってきましたねえ。

180414-152431_R.jpg
いつ見てもカッコイイ2台。ランチャもすっかり昔のイメージがなくなってしまいました(T_T)

180414-152602_R.jpg
レオーネ。水平対向と4WD、長年続くこのレイアウトへのこだわり、尊敬します。

180414-153020_R.jpg
アルシオーネSVX。これもジウジアーロデザイン。こういう高級クーペもなくなりましたね。レクサスが頑張ってますが、コスモとかレジェンドクーペとか・・・

180414-153229_R.jpg
非常にデザインのまとまりが良いシビック5ドアのレース仕様。これをタイプRにするのもありでは。

180414-153345_R.jpg
これまたグッドデザインなNSX-GT。GT500は優勝しましたが、GT3は・・・どうですかね。

180414-153857_R.jpg
Audi A3? RS3?のレース車両。カッコイイです。欲しい・・・

以上、展示車両の紹介でした。

362. トヨタ博物館 再訪

名古屋に来たついでということで、長久手のトヨタ博物館にも行きました。

次男はSL大好き、車興味なし。長男は車大好き、SL興味なしなので、毎回バランスを取るのが大変です。

名古屋市内でのんびりしてたら、時間がなくなってしまい。滞在時間わずか20分です(^_^;

2回目の訪問なので、軽く紹介。

180405-165708_R.jpg
なんといってもトヨタ博物館のすばらしいところは、トヨタだけの博物館ではなく世界中の車の歴史がわかるようなすごい数の展示があること。この点では日本一の自動車博物館でしょう。ベンツ300SLクーペ。これぞガルウィングという構造に長男も大喜び。この車なんと世界初の直噴エンジン搭載車なんですね。今や世界中の車が直噴です。ご先祖さま~!

180405-170749_R.jpg
スーパーカーはあまりない。その中で輝きをはなつ512BB。展示車両が全体的に車高が高めなので、もうちょっと低くしたらどうでしょう??

180405-170922_R.jpg
なつかしい、大学の友人が乗ってました。ファミリアです。

180405-170943_R.jpg
だんだん見なくなってきました、天才タマゴのエスティマです。こういうスタイルもメカニズムも素敵な車どんどん出てきて欲しい。

180405-171020_R.jpg
なぜか最近いろんなところで見るアウディ・クワトロ。タイヤが小さく見える~。

180405-171040_R.jpg
昔はそうでもなかったのですが、最近見ると異常にかっこよく思ってしまうハチロク。

180405-172844_R.jpg
これまたきれいなガルウィングのデロリアン。某映画にも登場してますね。シンプルな角目4灯がカッコイイ。

180405-171811_R.jpg
これは前回見なかったような気がする。伝説のトヨタ・7です。こちらば5リッターNAの600psですが、ターボ付きは1000ps近いらしい。まさにモンスターです。グランツーリスモでも早かった・・・ヤマハのマークは分かりますが、ダイハツもありますね。なぜなんでしょう。

前回も今回も時間がなくてじっくり見れなかった。クラシックカーのところの解説をもっとしっかり読みたいなあ。
プロフィール

crxtochan

Author:crxtochan
栃木県民
愛車はCR-XとEdix
家族は妻と息子二人、そして犬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ村
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR